愛され女子はエッチの後も抜かりはありません!男性をキュンキュンさせるような一言で、相手もますますトリコにしてしまうんです。

今回は、男性が思わず骨抜きになってしまったエッチ後のセリフを3つご紹介します。

こっち見ないで……

「エッチのとき、いつもよりも乱れていた彼女。『今日はどうしたんだろう』なんて思いながらも、彼女のセクシーな姿に僕も張り切ってしまいました。エッチの後、布団を被った彼女が一言『お願い、こっち見ないで!』なんでかな?って思ってたら、『だって、私、今日あんなになっちゃって、恥ずかしいから……』って。あまりの可愛さに2ラウンド目に突入してしまいました」(29歳/営業)

エッチのときに感情がたかぶりすぎて恥ずかしい……ということを表現した一言。この一言で男性は、「いっぱい感じてくれたんだな」なんて嬉しくなっちゃうのかも。

もう、大嫌い!

「感じてる彼女がかわいくて、いつもよりしつこく攻めちゃった。『お願い、もう許して』って彼女が言ってるのに、『まだダメ』なんて意地悪を言いながら。終わった後に、彼女が顔を赤くして『もう、意地悪なんだから……大嫌い』って。もう、その顔がたまんなかったですね」(30歳/専門商社)

主にSっ気のある彼に有効なセリフ。「大好き」の想いを込めた「大嫌い」は、男性を瞬殺できるキラーワードなのかもしれません。ここぞというときに、吐息交じりで囁いてみることをおすすめします。

あっちいって

「お互い仕事が忙しくて久々のエッチ。いつもより燃えちゃった後に、彼女が僕に『お願い、あっちいってくれない?』って言うんです。『え~!なんで?僕、なんか気に障ることした?』って聞いたら、『違うの、近くで触れあってたら、もう一回したくなっちゃうの。シャワー浴びてクールダウンしてきて』とのこと。もちろんもう一回しましたよ」(32歳/銀行)

側に居れば居るほど溢れる熱情を抑えきれなくなるから、どうか離れていて欲しい……なんともいじらしい乙女心じゃないですか。こんなセリフを言われたら、彼氏はたまらないはずです!

 

愛情込めて彼女が言った一言は、彼の心を溶かせる媚薬。一見ネガティブとも取れるセリフは、使い方によってはこんなにも深い愛情表現になるのです。

さぁ、あなたもぜひお試しあれ。一つ気をつけたいことは、どのセリフも笑顔で照れくさそうに伝えること。間違っても真顔で言ってはいけません。男子はキュンとするどころか萎え萎えになってしまいます。

(愛カツ編集部)