女友達止まり

男性とすぐ仲良くなれて、友達には簡単になれるのに、恋人ポジションにはなかなか行けない……。

こんな女性はいませんか?

「なんだかいつも友達止まり」そんな女子がハマりがちな落とし穴、あなたはハマっていませんか?

女友達止まり

誰にでも優しい

誰にでも優しい女子は、友達にしておくには最高!なのですが、誰かの恋人になりたいならそれだけじゃ足りないんです。

男性の「俺は特別」という気持ちをくすぐれないコは、「自分だけのものにしたい!」という独占欲をあおることができず、かえってアピール不足に。

「もともと優しくていいコ」より「俺のことだけ特別に好きなのかも?」と期待させられる女が、恋愛シーンを制します。

アピールが足りない

狙った人と友達にはすぐになれる。でもその後が……という女子は、恋愛面でのアピール力が不足しているのかもしれません。

狙った彼と友達になったとたん「友達なのにガツガツ押したら、友達関係が崩れちゃう」と腰が引けてしまう人がいます。

そこから恋愛に持っていける女は、友達になることを、連絡したり遊んだりする関係になるためのステップで、ただの通過点としてみています。

ダメでも友達でいたい、という中途半端な欲は、肝心な時のアピール不足につながります。

ほしいものはほしい!主張するのも大事です。

満ち足りちゃってる

恋人がほしいな、と言いつつも、幸せになるための条件に恋愛が入っていない人も、女友達で終わるパターンです。

仕事して友達と遊んで、趣味もあって人間関係も広くって……。

すべてに忙しくて恋愛の入るスキがない、また彼氏がいなくても寂しく思うスキもないという人は、

人間として魅力的なので友達にはすぐなれますが、みんなの人気者のまま、誰かの恋人にはなれないかも。

恋愛至上主義

恋をする気は十分にあるものの、その気合いが十分すぎて、男性の気持ちをマメさで測るようなタイプは「友達でいいかな」と思われてしまいがちです。

仕事などで忙しい彼に「もっと会えないの?私のこと好きならもっと会いたいはずだよね」と迫ったり、「私と仕事、どっちが大事?」と言ってしまうようなタイプです。

他にやることが無いわけではないのに、恋愛ばかりを優先しすぎると、男性からは自分の世界のないつまらない女と思われ、

「いいコだけど本命にはちょっと」と敬遠されてしまいます。

陰口が多い

何かと人の陰口をいう女は、例え可愛くても友達が多くても、「女友達のままでいいか」と本命候補から外されます。

デートの話題が、彼は会ったこともない友達の悪口だったり、道ゆく人を「何あの服、へんなの」とバカにしたりするような女に対し、ガツンと注意する男は少数派。

彼女ならまだしも、そうじゃない場合はヘタに注意して自分も影で笑われるよりは、その場は笑ってやり過ごして黙って一線を引くのが一般的な反応です。

陰口をいう時の顔が醜いことも好意が目減りする理由ですが、二人の時間に楽しい話のひとつもできず、

盛り上がるのは人の陰口だけという世界の狭さ、人としてのつまらなさも選ばれない理由と言えるでしょう。

みんなで会うだけの薄いつながりならいいけど、深くつながるのはイヤだという男性が圧倒的です。

おわりに

男性にとって女友達とは、同性の友人ほど何でも話すわけではなく、本命の彼女ほど深く付き合うわけでもない、他人に毛が生えた程度の存在です。

比較的誰でもなれるそんなポジションにとどまっていては、誰からも選ばれない女になってしまうかも。

自分の性格のうち見せるところ・隠すべきところはどこか、シビアに分析してみるのも良いでしょう。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)