そこまで好きでもない男性と、なんとなく付き合ってしまう女性というのは、意外と多くいるものです。

でも、それでは結局は後悔をしたり、すぐに別れを迎えるような結果にもなりやすいでしょうから、やはりあまりオススメはできません。

そこで今回は、「そんなに好きでもない男」と付き合ってしまう女子の特徴を紹介します。

■はっきりと「断れない」

押しに弱かったり、はっきりと断ることができない性格の女性は、強引に迫られるとそのまま流されてしまう傾向にあります。
なので、本当に好きなのかどうかもわからない状態のまま、付き合ってしまうこともあるかもしれません。

ただ、どうしても嫌なものに対しては、ちゃんとNOと言えるようにならないと、付き合ったあとも振り回されるだけの可能性も大。
最悪の場合、都合のいい相手にされることだってあり得るので、弱さを見せすぎることには十分に注意をしましょう。

■「取り残された」と焦ってしまう

周りの友人や同僚たちが続々とみんな幸せになっていくと、「自分だけが取り残された」という思いにもなるかも。
でも、そこで焦って無理やり彼氏を作ったりすると、結局うまくいかずに終わるパターンになりやすいです。

「好き」という気持ちが先に立たずに付き合っても、なかなか幸せは感じられないはず。
焦りや寂しさを埋めるためだけの恋愛では心も満たされないでしょうし、相手の男性に対しても失礼な行動になりますよ。

■自分に「自信が持てない」

自分に自信が持てない女性は、男性から言い寄られたりした際に、「私なんかに好意を持ってくれるなんて」などと感じやすいです。
「私なんか」とか「私なんて」という思いが強くなると、男性からの誘いを断ることを悪いと感じるようにもなるかも。

また、「私を好きになってくれる人は彼しかいないかも」と、男性に依存していくような状態になったりする危険性だってあるでしょう。
いずれにせよ、多少は自分に自信も持たないと、自分の思いや意思を伝えることもできず、男性に流されるばかりの恋愛をすることになっちゃいますよ。

■「ひとり」が耐えられない

ひとりでいることが耐えられない寂しがり屋な女性は、ひとりになることを避けるために恋人を作ったりもしがち。
でも、やはりそこに強い愛情がなければすぐに終わりを迎えることになるでしょうから、次から次へと男性をとっかえひっかえするようなことにもなるかも。

また、そういった女性は、ダメ男から狙われやすい女性でもあります。
遊び目的の女性を探している男性からすると、格好のターゲットでもあるので、寂しがり屋アピールをしすぎるのは危険な行為とも言えますよ。

おわりに

勢いに流されて付き合ってしまっても、幸せはなかなか感じることができないかもしれません。好きな男性とちゃんと付き合うためにも、自分の考え方や行動を改善するのも大事なことですよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)