誰にだってコンプレックスに感じていることはあるもの。さまざまなコンプレックスがあるなかで、男性はいったいどんなことにコンプレックスを抱いているのでしょうか?

男性のエピソードを参考に、男性がコンプレックスを感じてることを探ってみましょう。

背が低いって言わないで!

「会社の飲み会の席で、背が低いってサラッと同僚の女子に言われたことがあります。コンプレックスに思ってることだったから、普通に傷つきましたね。いくら仲が良くても言われたくない台詞です」(33歳/住宅メーカー営業)

背が低いことに、大きなコンプレックスを感じている男性は多いようです。男性は女性よりも大きくて強いという考え方が、背の低さをコンプレックスだと感じさせるのかもしれません。

一緒に歩く際に、お互いの背の高さのバランスが気になったり、スタイルが悪く見えたりと、マイナスの印象を抱いている男性もいます。

外見も大切かもしれませんが、中身だって大切です。たとえ背が低くても、気になる男性には対しては、背丈ではない他のいいところをしっかり褒めてあげましょう。身長なんて気にしないという思いをさりげなく伝えるのもおすすめです。

毛が濃いのは実はコンプレックス

「友達伝えに聞いた話だけど、気になってる女の子が俺のこと毛が濃いよねって言ってたらしい。別にマイナスの意味で言ったわけじゃないかもしれないけど、コンプレックスなことだったから、ちょっと傷ついた」(30歳/ホテルスタッフ)

毛が濃いことを敬遠する女子が多いという噂を、信じている男性が多いのかもしれません。身体のなかでも、洋服を着ていても目立つ手の甲や指先の毛を特に気にしている男性もいます。

毛が濃い男性に対しては、2人の距離が縮まるまではそっとしておいてあげましょう。2人の距離が縮まったら「男らしいね」などという言葉で、毛が濃いことが嫌いではないことを伝えると、男性が抱いているコンプレックスが軽減されるかもしれません。

高い声はコンプレックス

「合コンで気になる子を見つけて話しかけたとき、声高いねって言われたことがあるんです。ずっとコンプレックスで、いつも初めて会う女の子と話すときはドキドキ。やっぱり男は低い声のほうがモテるのかなって思うと、自信なくす~」(31歳/建設業)

コミュニケーションをとるには会話が欠かせません。会話をするために欠かせない声に、コンプレックスを抱えている男性もいます。「男性らしい声とは低い声」という先入観を持ってしまっているからなのかもしれません。マイナスの意味にならないよう「高い声」という直接的なワードを使わず、「きれいな声だね」などとプラスの意味の言葉を選んでみては?

コンプレックスは、人それぞれです。ちょっとした一言が、男性を傷つけてしまうこともあります。コンプレックスを感じさせないようなプラスの言葉を選んで、男性との会話を楽しみましょう。

(愛カツ編集部)