喧嘩

彼氏との交際期間が延びるほど、仲良くなる日もあれば喧嘩をしてしまう日もありますよね。

すぐに謝れば解決するような喧嘩であれば問題ありませんが、誰かに仲裁をしてもらわないと解決しないような大喧嘩も稀に起こるかもしれません。

実際に喧嘩をして距離を取らなければならなくなってしまった時、あなたならどうしますか?

怒りのあまり、喧嘩をした直後は「別れてやる!」と感じるかもしれませんね。

時間と共に「復縁を希望したい」と思うかもしれません。そう思った時にはもしかしたら、手遅れになっているかもしれません。

そこで今回は、喧嘩をしたときにまず考えるべきことを3点、ご紹介しましょう。

喧嘩

1. 喧嘩の原因を考えてみよう

喧嘩別れになりそうなときは、まず一人になって喧嘩の原因をしっかりと考えてみましょう。

どちらが悪いのか、本当に相手だけが悪かったのかを考えてみてください。

もしかしたら、彼氏だけでなくあなたにも悪い点があったかもしれません。

2. 自分自身を見つめ返してみよう

少しでもあなたの心に「私も悪かったのか・・・」という気持ちが現れれば、素直に彼氏に「ごめんなさい」という事ができるかもしれません。

彼氏も謝ろうと思っているけれども、きっかけがつかめないでいるだけかもしれません。

あなたから素直に謝ることで、二人の関係をより深めることができるのです。

3. 相手を許すことができるかを考えよう

原因や自分自身のことを見つめ返したうえで、相手のことを許せるのかを考えてみましょう。

「今回のことは仕方がない、他にも良いところはたくさんあるのだから」と思うことができたなら、お互いの距離をしっかりと縮めることができるのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?

自分の気持ちに素直になること、そしてその気持ちをきちんと言葉にして伝えることに意味があります。

そうすることで、彼氏にもあなたが考えていることを理解してもらうことができますよ。(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)