電話相談-TAO真一

1.自己紹介

22歳の時自然の中での仕事をしたいと思い、冬の雪山でスキーを教える仕事に就く為に、冒険に出る。
ペンションの手伝いから始めてスキーを人に教えられるように自力でなりスキースクールに勤める。そこで人に教えたりコーチして行く事のやりがいに目覚めると同時に、自然や見えない力の存在を通した、いわゆるスピリチュアルな人生観を持つようになる。
そして人にコーチングしたり教えるスキルを磨くべく、企業の営業職やマネージメント職に従事しながら、現代社会の組織、人やチームのマネージメントすることを実践として独自に学ぶ。
そんな中Kaoriと出会い結婚。
豊かなパートナーシップや自分らしさを自らの経験を通した実践と実験で研究。
独自に開発した新しい社会の新しい価値観、新しい生き方をセッションやセミナーを通して伝えています。

2.恋愛相談を始めるようになったきっかけ

若い時、女性と男性の神秘的な関係性に目覚めた瞬間があったのです。
私の両親は夫婦関係がずっと良くなく父親は出て行っております。
そのような環境で育ったので、仲良い夫婦、仲良い家族というものがどのように創れるのかを学ばなくてはという意識も強かったですから、自然と経験する機会が多くなりました。
「一生懸命学ぶ以外に自分で創っていくことができない」という思いが現実経験を濃いものにしました。
恋愛を学ぶことを強いられた境遇事態を私の運命の一つだと感じていることがきっかけにあります。

3.恋愛相談における方針、考え方

私が恋愛相談をさせていただいているのは、恋愛は自分のやり方で進めていくことが求められる、とても素晴らしい場面であるという思いからです。
私自身恋愛という中で一人ではわからなかった自分自身に気付くことができました。
自分を大切にしなくては人を大切にすることができないという事に気付けたり、自分の好きな事を楽しくやっていくことがどういうことなのかに気付けたり、自分自身のどうしてこうなるのか?という日常的な上手くいかない自分の癖などについての疑問を知ること、教えてもらう事が恋愛を通して掴むことができたと思っています。
それらのことは恋愛に役立つにとどまらず、恋愛以外の人間関係や、趣味や趣味以外の活動、そして仕事においてにまで、あらゆることに役立つことであると思っています。

4.特に得意とする相談とその理由

自分の気持ちと現実のギャップに苦しい時、相手の気持ちがわからなくなってしまった時、不倫を楽しく考えたい時、ダブル不倫で気持ちの整理をしたい時、復縁をしたい試したい時、離婚から再婚までの迷いを解決したい時、パートナーシップってなんなの?な時、人を好きになることがよく分からなくなってしまった時、恋愛に付随した人間関係に悩んだとき、女性性男性性が偏っていると自覚している時、メールラインのやり方返事のもらい方。

これらの内容をお気持ちに寄り添い、ほぐし癒していくことと同時に男性心理、女性心理をもとにした『気持の整理』を大切にしています。
自分の気持ちと相手の気持ちとの整理がつかない時、どう考えるかについて一緒に考えて行きましょう。

5.相談しようか迷っている方に伝えたい事

カウンセラーと相談者様との相性や関係も一つのパートナーシップです。
コミュニケーションの実践と捉えていただいても良いと思います。
辛い時はつらいと言える、苦しい時は苦しいと言える環境をご用意してお待ちしております。

6.本業の仕事

コーチ 恋愛、パートナーシップを軸に自分らしく幸せと豊かさを人生に創出する為の、スピリチュアリティーを使ったカウンセリングからコーチングを行い、セミナーやワークショップ、スクールの運営まて、行っています。

7.経歴・資格

コーチングアカデミーにてコーチングを習得
シンクロニシティジャパンにてチャネリングコース修了
ARI占星学総合研究所にて占星学を習得中