告白 男性 心理

「何度かデートもしたし…そろそろ告白があっていいころ合い…」

でも、なぜか一歩踏み込んでこない……。なんてことありませんか?

そんな風に、曖昧な状況が続いているとき、男性はいったい何を考えているんでしょうか?

そこで今回は「告白してこない男性の心理」を5つ紹介していきます。

「彼に告白してきてほしい!」と思っている方は必見です!

告白 男性 心理

告白心理1:決定打が見つからない

「いいな」と思わないわけじゃないし、一緒にいれば楽しいとも感じる。

でも、彼女として付き合うのは、なんか違う気がする

そんな迷いがあるとき、男性は「告白」を渋ってしまいます。

特に、律儀な性格の人ほど、いい加減に歩み寄って軽率に親密な仲を築かないはずです。

告白してくれない

男性から告白してもらいたいならこれ!
>>男性から告白をしてもらう!?3つのマル秘行動

告白心理2:友達以上になれるのか?

一緒にいるのは楽しいけど、ふと考えてしまう。「この子とセックスできるのか?」

こうした気持ちを抱く男性は多くいます。

付き合ってもいいくらいに仲が良いとしても、裸で抱き合えるかと問われれば躊躇してしまう。

と考えてる場合は、告白を迷ってしまうでしょう。

告白心理3:友人関係を壊すのが怖い

友達関係を壊したくない

女性と長く友人関係を続けている場合、たとえ恋心が芽生えても、一線を越えるのをためらうケースが少なくありません。

それは男性も女性も一緒で、「もし、告白をして断られたら、友達としてもそばにいることができなくなるかもしれない」という恐れを抱くのです。

そのため、恋人同士になれなくても、友人として近しくできればいいと満足して、中途半端な関係をダラダラ続けてしまうのでしょう。

こういう男性の本心は、もちろん「付き合いたい!」なのですが、フラれる怖さのほうが優っていて、本当の気持ちは抑え込まれているのだといえます。

付き合わない

告白心理4:誰とも付き合う気がない

女性には理解しがたいかもしれませんが、男性の中には仕事や趣味を最優先して、恋愛は後回しにする人がいます。

もちろん、ずっと後回しにするわけではなく、自分が納得するだけの結果を出したり、とことん追求し尽くして満足したりすれば、ふたたび女性に目が向くようにもなるはずです。

誰とも付き合うつもりがなければ、イイ感じの女性がいたとしても、あえて踏み込んではこないでしょう。

男性の本音としては、

  • 嫌いなわけじゃないけど、今の自分には責任が取れない
  • 彼女としてちゃんとかまってあげられない
  • だから彼女はいらない

というところかと思います。

自信がない

告白心理5:自信がない

自分に自信がなく、告白して玉砕して傷つくのが怖い男性心理です。

最近は草食系男子が増えているといいますから、男性も女性も受け身のスタンスを守ることで、曖昧な関係が続くケースは多いでしょう。

仕事をするときがガツガツと肉食系でも、恋愛になればガラッと草食化する男性もいますし、パッと見た印象から控えめという男性もいます。

また、告白する自信がない男性は、よっぽどのことがなければ自分からは動きません。

本音では「告白してくれないかな。お互いの気持ちがハッキリとわかるような展開があればいいのに」と、女性に期待したり、いつ起きるかもわからない偶然の出来事を待っていたりします。

告白する前に読んでほしい記事はこちら
>>告白が成功するのは「言葉」と「タイミング」

男性の告白心理まとめ

告白

男性に少しでも受け身な姿勢が見えたら、思い切って自分からアプローチすると良いでしょう。

何となくでもイイ感じ、という状況ができあがっているなら、男性はそれなりに好意を抱いているはずです。

「何とも思っていない」は、まずないでしょう。

女性に対する「いいな」という気持ちを、男性自身がどう処理しているのかを探れば、恋の進め方が見えてきます。

自分からアクションを起こすべきか、あえて現状を維持するべきかを、正しく判断できるはずです。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)