セフレを積極的に作る男。彼らにはマジメに恋愛する気がないのか、残念ながら一定数存在します。

彼らはいったいどんな特徴の男なのでしょう。そんな男に引っかからないためにも観察力は磨いておきましょう。

今回は“本当の”特徴をいくつかご紹介します。

“超”肉食系男子

肉食系の中の肉食系男子。恋愛や女性にグイグイ行き、エッチに比重を置くのが肉食系なら超肉食系は恋愛はすっ飛ばしてエッチのみ、エッチだけに情熱を燃やしている……というのをイメージしてください。

大げさな気もしますが、それは女性の考え。男性にとってこの考えは珍しくはありません。女性のこと、エッチのことばかり考えているのならセフレを積極的に作ってもおかしくないのです。

面食い

美人もかわいい系も好きな面食い。より良い見た目をいつも求めていて、彼女より美人を見かけたら気が行ってしまう。それどころが実際に口説きに行ってしまう。

こういう男は「美人と付き合いたい。でも彼女がいるからそうもいかない。ではキープしたい。セフレとしてキープしておきたい」そういう思考回路でしょう。

博愛主義で誰でもいい

「来る者は拒まず」主義。女性のストライクゾーンが広く、とくに面食いでもないためいろんな女性と交流します。そのためとてもモテて、えり好みはせずオールオッケー。

結果いろんな女性との付き合いに忙しいというわけ。博愛主義者という人間ですね。セフレが複数、というパターンが多いでしょう。

女心が分からない男

「女もヤリたいんでしょ」と思い込んでいる。男性向けのコンテンツやアダルト動画の見過ぎで、間違った情報がインプットされている厄介な男性。

「女も男と同じくらい性欲がある」と思い込んでいる男は割といます。だからセフレはお互い対等、お互いの性欲解消に役立つ最高のシステムと思っています。そこで「好き」や「付き合う」という言葉を出すと、意外な顔をしたりします。

頭の中に“付き合って恋人になる”という選択肢がないのです。

 

セフレという責任も未来も何もない関係を好む男は危険です。女性を人間でなく、ものとして見ています。ものなので適当に扱っていいと考えているのです。

また、「セフレがいる」と話す男は要注意。普通の感覚なら隠すからです。「こんなモテる俺と一緒に居られて幸せだろう。こんなカッコいい俺を逃したら一生後悔するだろう」と言っているようにも見えます。

それか何か性格に問題があるのかもしれません。どちらにせよ近づいてはいけない人物。

セフレを作る男は魅力的な男です。でもこのような特徴があればすぐにセフレがいるのかチェック、そして自分自身もセフレにされることのないように気をつけなければいけませんね。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)