最初は遊び相手(セフレ)だったのに、彼女のことを本気で好きになってしまった理由について、今回は男性目線でお届けしたいと思います。

いつまでもセフレのポジションにいたくないとお思いの女子のみなさんは、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

■彼女の態度が、彼に現実を教えたから

例えば、女子の中にはチャラい男のことが好きな人がいますね。そういう人がチャラくないマジメそうな男子とセフレの関係になって、やがて真剣に交際し始めるケースがあります。

「チャラい彼氏と付き合ってみたいという願望はあるけど、そういう人と付き合うのはわたしには似合わないと、チャラくない彼とセフレの関係でいる時に気づいた」彼女はこう言います。

男子も同じです。モデルさんみたいなルックスの、よく遊んでそうな女子に憧れていても、やっぱりそういう女子じゃなくて家庭的な女子と付き合う方がおれには向いている――

こう気づいた彼は、セフレにしていた家庭的な女子と真剣交際をスタートさせることも。

■彼女が本気だと感じたから

「セフレの女子に重たい愛情をかけると、彼女にドン引きされるかもしれない」と恐れている男子もいます。

この恐れは、男にとって何よりも強烈なものです。なぜならセフレに「愛情が重たくてライトに遊べなくて嫌だ」と言われてしまうと、彼はエッチできる相手をミスミス失ってしまうことになるから。

だから、女子がドライに割り切ってセックスを楽しんでいる傍らで、彼はその女子のことがマジで好きでも、彼女を前に「好きです。付き合ってください」と言えない。

しかし、彼女がマジで彼のことが好きというのが彼に伝われば、彼は「なんだ、ちゃんと好きと告白してもいいんだ。告白しても重たいとかダサいと言われないんだ」と安心し、真剣な交際がスタートすることもあります。

彼の態度がこのような変化を見せるかどうかは、その男子が持っている優しさの量によります。情が薄い男子はこういうことはしないかもしれませんね。

でもそれなりに情というものをお持ちの男子は、彼女が本気だとわかれば、彼のほうも本気になることがあります。男ってそういうものです。

男で「なにがなんでも100%おれの理想の女子とじゃないと交際しません」と言っている人って意外と少ないんですよね。

■セフレとマジな恋愛は100%別物ではないとわかったから

女子の中に、セフレから入って、やがて彼のことが好きになればそのまま本命の彼女の座に座ってしまおうと考えている人がいますね。

そういう女子の遊び方を眺めながら、男子は自分の遊び方を学びます。

セフレと本命の恋は100%キッパリ別物であると考えて、「君はセフレね」「あなたは本命」なんて遊び方をしていない女子に、男子は学ぶのです。

セフレから入って本命になってもいいし、本命的に付き合いつつもセフレ的に接してもOKなんだなと。

いかがでしょうか。

セフレと本命って、じつは100%別物ではないんですよね。

本命であってもセックスが何より楽しいふたりは、どちらかといえばセフレ的な交際をしているとも言えるわけです。

反対にセフレ的に付き合っていても、そこに相手を思いやる気持ちや情があれば、それは限りなく本命の恋に近いのです。
つまりセフレと本命って、かなりマーブル模様的に入り混じっているということ。

だから「わたしは彼にとってずっとセフレのままか」と気を落とさないことです。気を確かにもって、セフレと本命を自由に行き来する――こういう遊び方も粋でいいんじゃないでしょうか。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)