「相性がいいな」とか「なんか気が合うな」と思うことが多い女性のことは、男性の中でも気になる存在になるはず。

ちょっと運命的なものを感じたりもするでしょうから、恋愛相手としても意識するようになるかもしれません。

そこで今回は、男性に「相性がいい」と思わせるコツを紹介します。

■声を出して「笑ってあげる」

自分の話を聞いて笑ってくれる女性に対しては、男性は単純に好印象を抱きますし、自分とセンスが近いようにも感じます。

なので、男性が面白い話をしたときには、声を出してちょっと大げさなくらいに笑ってあげるといいかも。

そういう反応をしてくれる女性とは、男性も話しているだけで楽しい気持ちになれるので、「また話したい」という思いにもなるでしょう。

笑いのツボが同じというのは、「気が合いそうだな」と感じる大きなポイントでもありますよ。

■「否定」からは入らない

どんな話をしても、「それは違うよ」とか「そうじゃないな」などと頭ごなしに否定をされると、もう会話をする気にもなれなくなるもの。

意見や考え方が正反対で全く噛み合わない感じがするので、「最悪の相性」だとも思うはずです。

まずは男性の意見をちゃんと受け入れてあげるようにするだけで、相手に与える印象も大きく変わります。

否定をするのではなく、「私はこう思うな」という言い方ができると、嫌な気にならずに色々と話し合えるので、逆に相性の良さを実感できたりすることでしょう。

■「嫌いなもの」が似ている

好きなものが一緒だと相性がいいと思いがちですが、実は嫌いなものが一緒の方が、より考え方の近さのようなものを感じやすいです。

「人ごみが苦手」とか「アウトドアが好きじゃない」などと、苦手なことが一致すると、物事に対する価値観が似ているような気になります。

根本的な性質が同じである気がするので、意気投合もしやすいでしょうし、一気に距離も縮まりやすいかも。

あえて「嫌いなもの」の話もしてみて、自分と同じものがあったらそれを伝えてあげると、そこから話が盛り上がったりもするものですよ。

■「センス」を褒めてあげる

女性から褒められてうれしくない男性はまずいないです。

ただ、より喜ばせるためには、男性のセンスそのものを褒めてあげるといいでしょう。

「本当にいつもオシャレだよね」とか「その考え方、すごく参考になる」、「発想力がすごいよね」なんて言われたら、男性は心をつかまれるはず。

自分のセンスをわかってくれる女性とは、感性や感覚が似ているようにも感じるので、他の女性よりも意識する存在にもなるものですよ。

おわりに

「相性がいい」と感じる相手とは、そう簡単に出会えるものでもありません。なので、出会えたときにはドキッとするものでしょうし、特別な女性という目で見るようにもなりやすいものですよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)