いつもは優しい彼が、最近なんだか冷たくて心配…。でも、単刀直入に理由を聞くのは、なんだか怖いし…。

そんな時、どのように彼の冷たい態度を察すれば良いのでしょうか。いくつか検証してみました。

■何か悩みがあるのかも

彼は仕事で悩みがあるのかもしれません。男性は悩んでいると口数が少なくなり、側から見れば冷たさが際立って見えることもあります。愚痴るのは男らしくないと考えているのなら、なおさら口を開こうとしないはず。

悩んでいる状態が冷たく感じさせてしまうのなら、「自分に対して冷たい」と思うのは早とちりです。まずは彼をよく観察してみましょう。恋人に対してだけでなく、周囲の人すべてに口数が少なく、テンションが低いはず。

もう少しだけ彼を見守って、彼があなたに悩みを打ち明けるまでそっとしておいてあげましょう。仕事の悩みで寡黙になり、冷たくなっているのであれば、このタイミングでわがままを言ったりして彼の負担にならないようにしたいですね。

■わざと嫌われようとしているのかも

長い時間、彼の冷たい態度に我慢をしたり、様子を見ていたりしても、やはり昔のよう優しい彼に戻らない…。そう確信したのであれば、それは残念ながら嫌われてフラれたいと思っているのかもしれません。この時のポイントは、冷たい態度が自分にだけなのか、それとも彼を取り巻く人全員に対してなのか…という点でしょう。嫌われるための冷たい言動やフラれるための態度など、男の引き際としてどうかと思いますが、この手を使う男性は少なくありません。

はっきりしない彼をわざとジラして分かれてやらないのも良し、スッキリ清算したいなら「別れたいの?」と聞くのもアリです。いずれにせよ、次の恋をスタートさせた方が賢明でしょう。

■もともと冷たい人

実は、彼はもともと冷たいタイプで、最初こそ自分を繕って優しいタイプを演じていたけれど、だんだんと本性が出てきたのかもしれませね。冷たい態度が本来の彼の姿で、素なのだとしたら、心配する必要はまったくありません。もし気になるなら、彼をよく知る人に聞いてみると良いでしょう。

付き合う前や付き合い始めなどの恋愛初期は自分を良く見せようと、知らずしらずのうちに違う自分を演じてしまうもの。考え方によっては、あなたとの関係に安心できるようになったから、「素の自分を見せている」と良い方向に捉えることもできます。それは喜ばしいことではないでしょうか。

まとめ

大好きな彼に冷たい態度を取られると、悲しくてどうすれば良いか分からなくなりますよね。でも、そんな態度に隠された理由は様々あり、必ずしも悪い意味だけではなさそうです。

どんな理由にせよ、大切なのは、冷たい彼を変わらない愛で受け入れられるかどうか。自分次第でどうとでも転がせる状態なので、これを自分の気持ちを見つめ直す良い機会にすることをオススメします。(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)