嫌い

女に嫌われる女と言えば、どんな人を連想しますか?

性格最悪!のようなあからさまなNGポイントを持つ女子は嫌われますが、

こちらに敵意をむき出してくるわけでもないのに、一緒に遊ぶとなぜか居心地が悪くなる厄介な女がいます。

「嫌い!」とは言い切れないけど、二人で遊ぶのはちょっと……。

そんな、女に敬遠される女を見てみましょう。

嫌い

忙しい自慢

「明日はアポが4件もあるぅ」と詰まったスケジュールを自慢したり、お誘いを断る時に「忙しいの。ゴメンね~」なんて言っていませんか?

大人になれば誰でも忙しいもの。いちいち口に出すのは大人げありません。

「忙しい=あなたの優先順位は低い」と受け取る人は男女問わずいます。

女子友だけではなく、男性からも「あ、じゃあいいです」と知らぬ間に足切りされないためにも、「忙しい」は封印したほうがいい口癖です。

相手の立場で態度を変える

人間関係の中で、好き嫌いがあるのは仕方ないこと。

そのため、親しい友達とそれ以外、または男女で多少態度が変わるのは大人になると案外受け入れられたりするものです。

でもそれは、その割り切りを「ある意味正直で信用できる」と好意的に受け取られているから。

立場が強い人には媚び、そうでもない人には用がある時だけ甘え、用がなければLINEもスルー……こんなせこさを感じると、「信用できない人」というレッテルをはられるかも。

距離が近い

「他人に近づかれると不快に感じるエリア=パーソナルスペース」。

この、パーソナルスペースが狭い女は、相手のことを受け入れる度合いが高く見えるため、モテます。

とはいえ、それは自分が受け入れる側にある場合だけ。

他人のパーソナルエリアにガンガン侵入する女は、「ちょ、近い……」と、知らないうちに人を不快にさせていることも。

同性と話す時にもボディタッチをしたり、やたら近くに座ってくる女子は「いいコなんだけどさ、近いんだよね……」「分かる、言えないけどね」と周囲を微妙な気持ちにさせがち。最悪「キモい」と噂されてしまうかも。

空気を読まず男に媚びる

たまにいるのが、男性に対しビックリするほどなれなれしい態度を取る女。

一緒にいる女友達の居心地を悪くさせます。

イケメンカフェ店員に「キレイな指ー。ドキドキする」と言って触ってみたり、女子同士で飲んでいる時に周囲の男子や店員に「今度一緒に飲もう、この子彼氏いないんです」など、やたら積極的に絡んでいく女は結構多いもの。

「それ、性別逆だったらセクハラだよ」「今日は女子だけで飲みたいのに……それに人を勝手にネタにしないで!」と内心不快に思われること間違いなし。

友人の「女」な姿って、そんなに積極的に見たいものではありません。

「みんなイケメンと知り合えたら嬉しいでしょ♡」な姿勢は、嫌われるモトになるかも。

おわりに

悪気があったり、はっきり性格が悪い!と言い切れるならまだいいもの。

困るのは「悪い子じゃないんだけど無神経」な女ですよね。

「天然なのかな、ちょっと困るよね」なんて影で笑われないようにしたいものです。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)