これだから女は嫌

穏やかで優しい彼だと思っていたのに、ある日突然「もうお前とは無理!」と別れを切り出されてしまった経験のある人はいませんか?

もしかしたら彼は言わないだけで、不満を溜め込んでいたのかもしれません。

そこで今回は「男性が『これだから女は嫌なんだよ……』と思った瞬間」についてご紹介します。

これだから女は嫌

1、連絡を強要されたとき

・「『仕事中でもLINEくらいできるでしょ』と、彼女から1日に何回もやり取りを求められます。正直そんな暇ないし、マジで面倒だな……って思っちゃう」(29歳/営業)

これは多かれ少なかれ、どのカップルも一度は揉めたことのある問題ではないでしょうか。
女性は「連絡がたくさん来る=私のことを愛してくれている」と思いがちな傾向にあるため、返信がこないと寂しくなってしまうのでしょう。

あらかじめ彼が連絡できる時間帯を把握しておいて、その間にやり取りをするなどの対策を取るべきかもしれませんね。

2、 細かいことをいつまでも気にしていたとき

・「『ごはん屋さんの料理が出てくるのが遅かった』とか『室内の空調が寒かった』とか、帰ってからも細かいことばかりを言い続ける彼女。そんなことを言われたら、もうどこにも出かけられないよ……」(27歳/印刷業)

全体的に見たら楽しいデートだったはずなのに、なぜか細かいところばかりが気になってしまう……。そんな女性もきっといるでしょう。
誰が悪いわけでもないのに、終わったことをネチネチと言い続けてしまうこともあるはず。

女性側としては言葉にすることで気持ちを落ち着かせているのかもしれませんが、ずっとネガティブなことを聞かされている方としてはたまったものではありません。

小さなことは気にしすぎず、良い思い出だけを共有しましょう。

3、 突拍子もないことを言われたとき

・「彼女が深夜に『私のことが好きならいますぐ会いに来て!』と電話で騒ぎ出した。いや、明日も仕事あるし無理だよ……」(31歳/公務員)

無性に寂しさが襲ってきたときなどに、このような突拍子もないことを言ってしまう人も。

でも現実味のない発言に、男性陣は少々困惑気味。「そんないますぐにはできないよ……」と断ろうものならさらに怒り出す彼女に、呆れてしまうこともあるようです。

あまり彼を試すようなことはやめておくべき。そうしないと少しずつ彼の気持ちが離れて行ってしまうかもしれませんよ。

おわりに

自分では軽い甘えのつもりが、彼にとっては負担になってしまっていることもあります。
いくら付き合いが長いからといって、ワガママばかりをぶつけるのはやめましょうね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)