大好きな彼女のエロさを、彼はどこまで許せるのか? という問題について。

これ、先に正解を言えば、「どこまでエロいか分かっていたら、その範囲までは許せる」が、男子のホンネです。

具体的に見ていきましょうか。

■男子がもっとも恐れていること&嫌がることとは?

男子がもっとも恐れている&嫌がるのは、「じつは彼女はおれが思っているよりもっとエロい」というのが後から分かった、ということです。

たとえば、「彼氏に内緒ですごくエロい男子と浮気したのがバレた」というのが、彼はもっとも嫌なことだし、同時に悲しいことなんです。

「そんなにエロいのであれば、おれに『じつはわたし、すごくスケベなんです』とか『変態だと言わないでね、じつはわたし、こういうプレイをしたいと思っているんだけど』と、先に言ってもらいたかった」と思っているんです。

■3パターンの男子がいます

では、そう先に言った場合、彼はあなたの望み通りのすごくエロいことをやってくれるのか?

これについては、人それぞれ、ということですが、「人による」という答えって、わりとネットでは嫌われているので、男子の判断基準くらいは述べておきましょうか。

「男はみなエロい」と世間では言われていますが、実際には「すごくエロい男子」と「まあまあエロい男子」と「いざコトを起こすとなったとき、あまりエロに興味を示さない男子」の3パターンの男子がいます。

女子も同じで、3パターンいますよね。たとえば、女子会ですごくエロいことに興味を示しているわりに、実際に彼とヤルとなった時、さほどエロに興味を示さない「淡泊」な女子もいますよね。

彼氏と彼女とで、「どれくらいエロに興味があるか・エロいことを楽しむのが好きか」という、いわば「スケベな方面の興味の量」がイコールかニアイコールにならないと、彼はあなたの望み通りのエッチをしてくれない――一般的にはこういうことが言えます。

■エロは善です

人って、どこまでも果てしなくエロくて、全然OKです。エロいことは良くないと思っている人も多いのは知っていますが、でもしかし、エロは善です。

エロを「良くないこと」とあなたが思っているのであれば、ではお聞きしますが、なぜエロいことは良くないのでしょうか? 明快な答えを言えますか?

エロさって、人類が共通して持つ、ひとつの生命パワーです。だから、エロい人はそのパワーを発揮したいと、ごく自然のうちに思います。

すごくエロい人が6000ccのメルセデスベンツであるなら、あまりエロくない人は600ccの軽自動車みたいなものです。

どちらがいいのか、というのは、人それぞれ主観で決めることいいことであって、「それぞれ『そういうものである』」というのが答えです。

■長続きするカップルとは

なので、「わたしはすごくエロいのだけれど、このエロさを彼に正直に伝えたほうがいいのかしら、隠したほうがいいのかしら?」と思わなくていいです。

エロにまつわるすべてのトラブルは、それを隠すところに起因しているからです。

彼氏にエロさを隠した。だから彼に内緒で他の男子と汗だくで気持ちいいことをヤル日が月に1回ある――これ、すごくヤバいことでしょ?

だから、先に付き合っている彼に「わたし、もしかしたら変態みたいにエロすぎるかもしれない」と伝えておくべきなんです。

そしたら彼はそれなりにやり方を工夫してくれます。彼がわりと淡泊なのであれば、おもちゃを使ってあなたのことをイカせてくれるかもしれません。愛する彼女の性的欲求を満たしてあげたい――男ってふつうはこう思うから。

それを妙な倫理観とかプラトニックラブなんかで隠しちゃうような彼氏であれば、やがてあなた方は別れるかもしれないです。

カップルって「それぞれが持っているエロの量」の釣り合いがそれなりにとれないと、なかなか長続きしないから。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)