忙しい
2018.5.17

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

「彼が忙しすぎてあまり会えないんです。彼に必要とされていない気がしちゃう」そんなふうにお悩みの女性は多いです。

確かに、会う頻度が少ないと不安になってしまいますよね。

そこで今回は“忙しい彼の癒しの存在になる方法2つ”をご紹介します。

忙しい

■1、彼の気持ちになりきる

彼が仕事に夢中、もしくは忙殺されている。そんな人は“彼の気持ちになりきる”をしてみましょう。

例えば、『やってもやっても仕事がたくさんあり、しかも責任も重く、できなければ収入や昇進にも影響される。

出来ないヤツだと思われたくない』など、ありありの彼の心情を心に浮かべます。

さらには睡眠時間が少なく肉体的にもしんどいなど要素を取り入れて考えるのも良いです。

するとどうでしょう?

「そんだけキツイなら、私に会うどころじゃないかも」と少し彼の“余裕の無さ”をわかってあげられることと思います。

さらに男性の多くは、大変な仕事をかかえていると、その他のことは思い出す余地がなくなります。

彼になりきる&ひとつのことしか考えられないと知ることにより、彼に対して「焦らず彼のペースで会おう」と思えるようになります。

■2、罪悪感を与えない

人は罪悪感を刺激してくる存在を不快に思います。

仕事が忙しくて会えないときに「どうして時間作ってくれないの」「私のこと好きじゃないんでしょ」と責めたくなる気持ちはわかりますが、

責めてしまうと彼はあなたに対し“オレの仕事を理解してくれない”“オレの気持ちを汲まず、

自分の要求ばかり押し付けてくる”ように感じてしまい、彼にとって敵対した存在になってしまいます。

決して責めずに、一貫して『彼の一番の味方』でいるようにしましょう。

仕事という戦場を離れ、あなたと会ったときに彼が心から「楽しい、癒される」と感じるためには一貫した言動が必須だからです。

■おわりに

いかがでしたか?

連絡頻度や会う回数を愛情のバロメーターだと決めつけてしまわずに、

彼の仕事や心情を理解することで、“癒しの存在として会いたくなる彼女”になることができます。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)