好きな人

好きな人と、どう距離を図ればいいかわからない。

恋をすれば、こうした悩みは誰しもが抱えることです。

さらに恋愛に自信がない女性の場合、「私なんか気になってくれるわけない」「恋なのかわからないし……」と卑下してしまい、

相手を見ているだけに留まってしまうことも多いのでは?

そこで今回は、気になる人ができたらとりあえず実践したいアプローチ手順をご紹介。

頭であれこれと考える前に、これだけは勇気を持って実行してみてください。

好きな人

■挨拶がてら声をかける

まず挨拶がてら、相手に声をかけることです。

男性はあなたの存在は知っていても、あなたのことはそれほど気に掛けていないかもしれません。

なので、仕事関係者なら「お疲れ様です~」と、ひと言でもいいので声をかける。

出会いの場なら「初めまして~。今日はどちらからいらしたんですか?」と話しかける。

飲み屋で顔馴染みなら、「隣よろしいですか?」と誘ってみる。

とにかくひと声、自分から声をかけることを意識してみましょう。

相手に話しかけられて「嬉しい」と感じない人は、少数派です。

話しかけられれば、相手も「話さなきゃ!」と思うので、意外と頭で考えているよりも話は弾むかもしれませんよ。

■アイコンタクトとリアクションを好意的に

ただし、声をかけるタイミングは工夫しましょう。

相手が忙しい時に話しかけても、イラッとされるかもしれませんし、

仲間内で盛り上がっているところで声をかけても、「ん? なにか用?」と落ち着いて話しがしづらそうです。

相手がひとりで黙々と仕事を頑張っている、相手がひとりで手持ち無沙汰にしている――。

そんなときを狙って声を掛けられると、相手は気分転換になるでしょうし、話し相手が見つかって喜ぶのでは?

もし、どうしても声をかけることが億劫なら、目線や仕草、表情で相手へのサインを送ってみてもいいでしょう。

目が合えばお互いに相手のことが気になるでしょうし、好意的な反応ができれば、「あの人と話してみたい」と思う男性もいるかもしれません。

■会話をすることに気負わない

話をするからには、会話を盛り上げなきゃいけない。

そう考えて、プレッシャーを感じてしまう人もいるのでは?

でも、初対面の相手と話が盛り上がるのは、よほど話しに慣れている人でない限り、なかなか難しいものです。

多少沈黙が続いてもいいので、お互いのペースで無理なく会話を楽しんでみて。

このとき、意識すべきことは、お互いの共通点を見つけることです。

仕事、趣味、好きなモノで共感できるものがあると、お互いに「気が合うかもしれない」と思えるので、関係が進展しやすいですよ。

■ムリなく飲みやご飯に誘う

たった一回の会話で、関係がグッと縮まることは少ないです。

これらの手順を繰り返すことで、相手が自分をどう思っているのか。それとなく好意レベルが見えてくるでしょう。

もし、お互いにもっと話したいと思っているなら、

話が盛り上がったところで「いまから飲みに行きます!?」「お腹空きましたね~。なにか食べに行きましょうか?(笑)」と、さり気なく声をかけてみては。

■おわりに

あくまでも、交流を図る感じで無理なくアプローチできるといいかもしれません。

脈アリなら、相手から何らかのアクションが得られるはずです。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)