2018.5.23

年下男子へのアプローチ、どうすればいいの?そんな迷いのある年上女子も多いはず。

なかには迷うあまりにNGモテテクに走ってしまっている女子も。年下男子を狙うなら押さえておきたい「勘違いモテテク」のNGポイントはこちら!

美魔女は怖い……まつエク、カラコンなどの「フェイク」

「どんなにキレイでも、いわゆる『美魔女』のノリの人は怖い。

まつエクやカラコンは男が見てもわかるし、アラサーなのにぱっつん前髪のストレートヘアとかはムリがあるよね。ごちゃごちゃしたネイルアートに命をかけるのも、なんだか幼稚に見える。

そういう人に限ってカジュアルなデニムの下にストッキングはいてたりするしさ。石田ゆり子さんみたいに、年相応のキレイさを保った人がいい」(30歳・男性)

年下男子にモテるなら、若く見せたい、可愛く見せたいと考える人も多いはず。

とはいえ、まつエク、カラコンなどのフェイク系のアイテムや、年相応に見えないヘアスタイルは「怖い」「必死」と不評です。うまく使えば女子を可愛く見せる効果も高いものもありますが、不自然さの方が目につくようです。

アラサーで「美魔女」呼ばわりはキツいものがありますね。

男性があえて人工物を選ぶ理由はありません。「若く見える」と「ホントに若い」なら選ばれるのは後者です。若さを全面に押し出す作戦は避けたほうがいいでしょう。

別に何かを教えてほしくなんかないです

「年上の女の人がイヤなのは『若くないから』『俺より稼いでるから』とか、そういう理由じゃないんです。

こっちが年下だとわかると、急に偉そうにしてくる人が多いから。

デートのお店を選んだら『あー、若いコはこういう所好きだよね』とバカにされたり、仕事のことに口を出されたり。そんな女の人を可愛く思えって……ムリでしょ?」(26歳・男性)

「なんで年上の女の人って何かを教えようとしてくるの?」。疑問に思う年下男子が多いようです。

こちらが年上な分、しっかりしなくちゃ!という思いがそうさせるのでしょうか。いい女だと思われたくて発言したことが、彼からすればマウンティングとしか思えない……悲惨ですよね。

年下男子に対してどうにも偉そうな態度を取ってしまう自覚のある人は、年上の男性に接するように接してみるのもひとつの案です。「年上の男性には年下に接するように、年下の男性には年上に接するように振る舞うとよい」説もありますよ。

奢ってくれても好きにはなりません

「年上の女の人が奢ってくれるのは……イヤではないけど、それで好きになることはない。
むしろ、奢ってくれる女の人って、すぐ「今日は来てもらっちゃったし」「ごはんぐらい私が払わないと悪いし」って卑屈な感じを出してくる。卑屈なコって一緒にいると疲れるでしょ。

それにこっちだって年関係なくいいなと思った人にはごちそうしたいと思ってるけど、それはわかってないんだなって」(27歳・男性)

年下の彼が自分につきあってごはんを食べてくれるなんて……と言わんばかりにお会計を全額負担したがる年上女子が結構多いのだとか。

でも、それはありがたがられるというよりは年下男子を図に乗らせる行動かも知れません。奢りが悪いわけではないですが、それを通じて、顔色をうかがっているような感じが出てしまうのがダメみたいです。

勝手に、年上なことに引け目を感じるのは年下男子との恋をダメにする大きな原因です。

「私、年上だから」ってムダな気合いがダメ!

年下男子が嫌がるのは、「私は年上なんだから」という無意味な気合い。

無理な若作りやマウンティング、つまらないデートを奢りでカバー……これって、女子が年上男性からされても嫌なことですよね。

年のことは忘れて、女子として素直に振る舞うほうが年下男子とはうまくいくのでは?(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)