告白
2018.5.23

ステキなシチュエーションで、ステキな告白…。

女性は誰しもこんな告白を夢見ていますよね。

しかし、好きな男性から告白されたくても、なかなか先に進めず、告白まで辿り着けない…。

そんな悩みを持つあなたに、男性に“告白させる”ための3つの行動をご紹介いたします。

男性に効果的にアピールし、ステキな彼氏を手に入れましょう。

告白

■1:もっと一緒にいたいことをアピールする

楽しく一緒に過ごしたあとの帰り際は、寂しい気持ちでいっぱいになりますよね。

そんなとき、「まだ一緒にいたい」、「寂しい」という気持ちを、彼にアピールしてみましょう。

それを聞いた彼は、「自分のことを好いてくれている」と嬉しく思うはず。

男性は、確実に自分に好意を寄せていると思う人にしか、告白が出来ません。

そのため、彼が安心して告白が出来るよう、『あなたが好き』ということを感じ取れる行動を取ることが大切です。

ポイントは、遠回しに言わずにストレートに気持ちを伝えること。

男性は女性が思っている以上に鈍感なため、遠回しに伝えても「楽しんでもらえて良かった」など、友だちとして言っていると思うことも多いです。

恥ずかしいのは一瞬だけ、と自分を奮い立たせ、思い切って素直な気持ちを彼に伝えてみましょうね。

■2:いい雰囲気を作る

男女の距離は、何かきっかけさえあれば一気に縮めることが出来ます。

そのため、ムードのあるいい雰囲気を作ることで、彼との距離をグッと縮めることが出来るかもしれません。

具体的に、

・話が盛り上がっているときに腕を絡ませる

・ふざけて後ろから抱き着く

・並んで歩くとき、わざと肩が触れ合うぐらいまでの距離で歩く など

積極的にムードを作ると、彼の気持ちもだんだんと盛り上がってきますよ。

しかし、会ってすぐにそのような行動を取ってしまうと、「誰にでもしてるのかな」と思われて、印象も良くありません。

そう思われてしまっては告白どころではなくなってしまいますので、

会ってからある程度時間が経ったあとにその場の雰囲気に合わせた距離の縮め方を取るようにしましょうね。

彼に「今がチャンス!」と思わせることが重要ですよ。

■3:あえて突っ込んだ質問をする

話の流れに乗せて、「わたしのこと、好きなだもんね?」とあえて直球勝負に出るのもオススメ。

一見、自意識過剰のナルシスト女と思われるのでは、と心配になりますが、意外にもこのノリは男性ウケが良いです。

その言葉がきっかけで告白につながる場合もありますし、

もしダメだった場合でも「冗談~」という風に笑い飛ばすことが出来るのも、この作戦の良いところ。

まじめな男性にふざけてこういった質問をしてしまうと、「ふざけるな」と怒られてしまうかもしれませんので、

相手の男性がどのようなタイプかをしっかり見極めてからした方が無難ですね。

大体の男性は、たとえその場のノリでも好意を示されていることを嬉しく思うので、そこで変な空気が流れることは少ないと思って良いでしょう。

また、「わたしのことが好きなんでしょ?」と具体的に質問したことにより、

その後あなたのことで頭がいっぱいになり、結果的に本当に好きになってしまう…ということもあるんだとか。

相手の人柄と言うタイミングさえ間違わなければ、かなり効果的な方法ですよ。

いかがでしたか?

お目当ての彼がなかなか告白してくれずにヤキモキしているあなた。

上記のことを試して、ステキな幸せを掴んでくださいね。

世の中には、振られることがプライド的に許せない、という男性がほとんど。

そんな男性には、あなたからそっと背中を押してみてあげてくださいね。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)