気になる彼とLINEのやり取りがひんぱんで、毎日送り合っている。これはどう考えても「脈ありかな?」と思いますよね。

でもなんとこのパターン、驚くことに「脈ありではない場合」があるのです。

それはいったいどういうことなのか、解説いたしましょう。

趣味を語る内容

毎回「〇〇はオススメだよ」だとか「△△のいい部分はここなんだよね」とか、こちらが興味なくても長々と趣味を語る。そして「うん、うん」と聞いてあげると喜んでもっと語ってくる。

これは脈ありと思いますよね。しかしその反面、自分は長文をおかまいなしに送るくせに、こちらがいざ長文で返すと反応が薄かったり返事が遅かったりするのです。

暇つぶしLINEが多い

「今なにしてるの?」とLINEが来るけれど「なにもしてないよ」「ぶらぶら出かけてる」と送り返しても反応がなく“ただ聞いただけ”のような雰囲気。聞いておいて返事なしは「暇つぶしに送っただけ」なのでしょう。

自分のことばかり報告してくる“俺通信”も同じ暇つぶし。また、ほめてほしいためだけ、承認欲求のためだけに美しい画像などを送ってくることも。LINEでそれをやるので「私に共感してほしいのかな。共有したいのかな」と思ってしまいます。

あいさつLINEはひんぱん

おはようやおやすみはマメに来る。もちろん、あいさつも単にLINEが好きだからなのです。たいていの男性が面倒くさがるあいさつLINEが来る、ということは……と勘違いしてしまいます。

どんな心理なの?

すぐに返事が来たり、会話が続くと脈ありに感じますが、単にLINEが好きなだけかも。そういった男は、聞いてくれて共感してくれる優しい女性なら、誰でもいいのです。

“LINE好き”は、どちらかと言えば女性寄りの感性。寂しい、相手してくれる相手が欲しい。LINEをしていると繋がっている感がする。でも恋心ではないのです。

自分の存在を肯定してくれる相手や、自分の存在確認なのです。このような男は電話好き、メール好きなど昔からいます。

そして問題なのは、LINEの相手が自分だけでなく、ほかに女性が数人いることです。

一人だけではなかなか自分の好むLINEは返ってきませんからね。

見きわめ方法は?

・自分の話題はノリノリだけれど、あなたの話題はそうでもない
・質問をしてこない。あなたが何をしているか何に興味があるか聞いてこない
・恋愛の話にはならない。なったとしても抽象的な話や一般論で、深く突き詰めたりはしない
・食事に行くなど、会う話にならない

おわりに

では、まったく脈はないのでしょうか。LINEをきちんと返して、しっかり聞いてあげて……が彼へのスタンダードなアプローチ方法ですが、ほかの人より時間はかかります。
あとの女性数人のLINE友達を切ってもらって自分が頭一つ抜けるのはなかなか難しいでしょう。

こういう男にかかわると、無駄な時間を過ごしてしまうので本当に困ります。会う話、デートの話にならない、そんな場合はただのLINE好きということもあるので気をつけて。前のめらず、こんな特徴があるか確かめてくださいね。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)