好き

長く恋愛から離れていると「好き」という感情がどんなものだったか忘れてしまうこともありますよね。

相手の事を「良いな」と思っても、それが友達としてなのか、それとも恋愛感情としての好きなのかの判断がつかない人もなかなか多いのではないでしょうか。

ということで今回は恋愛感情としての「好き」ってそもそもどんな気持ちなのかを分析してみました!

好き

2人きりになりたいかどうか

友達と恋愛対象の境目としてまずあるのが「2人きりになりたいかどうか」です。

例えば、友だち数人で遊んでいる場合色んな人と会話をすることになるので、

対象の男性となかなか話せずに残念な気持ちになったり、隣に座ってなるべく沢山話したいなと思う場合等も当てはまります。

逆に、対象の男性も含めてみんなで一緒にわいわいできればいいな!と思う場合はもしかしたら単純に友達としての好きなのかもしれません。

自分の感情の起伏に注目

もう一つ、恋愛感情としての「好き」の場合よくあるのが「嫉妬」です。

対象の男性が自分以外の女性と仲良さそうに接していた場合に嫌な気持ちになるかどうか、もし彼女ができてしまったら悲しいと思うかどうかを考えてみましょう。

恋愛感情の「好き」には独占欲がつきものなので、判断のヒントになりそうです。

また、相手から連絡が来たり話しかけられたり褒められたりした時に舞い上がる様な嬉しい気持ちになる場合も恋愛感情と捉えて良いかもしれません。

嫉妬と喜び、片方だけだと弱いかもしれませんが、どちらも該当する場合はほぼほぼ恋愛感情だと思っていいはずです。

触れられたいと思うか

最後に、一番ポイントになるのが「触られたい」と思うかどうかです。

「触られても嫌悪感を抱かない」レベルのもう一段階先くらいだと思ってください。

もし相手にあまり男性としての魅力を感じていない場合はそもそも触られることに少なからず嫌悪感を抱くはずです。

次に、仲の良い友達の場合多少のボディタッチは気軽にできてしまいますよね。

もし対象の男性とのボディタッチの場合だけ「何かが違うのに嫌な感じはしない」というような感覚だったら、

意識してないだけでほぼほぼ「触れられたい」に該当するはずです。

友情と恋愛感情の明確な違いとなりそうですね。

おわりに

いかがでしたか?

友情としての「好き」と恋愛感情としての「好き」の違い、イメージは付きましたか?

もし今少しでも「いいな」と思っている男性がいる場合は、一度今回の記事内容を自分に当てはめて考えてみると良いかもしれないですね。

(愛カツ編集部)