理想の彼
2018.6.4

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

今回は「理想の彼を見つける方法」、特に初歩的なものを2つご紹介します。

理想の彼

①自分の理想の姿を自覚する

まずは、あなたの琴線アンテナの核にしっかりと目をむけましょう。

琴線アンテナとは私が造った言葉です。

「あなたを嬉しい・悲しいと感じさせること、強く感動させること」です。

琴線の核とは、

「これが満たされてないと、他のすべてに恵まれていても、苦しいもの」

という“自分の幸せの価値観の中核”になるものです。

「いつも、男性からちやほやされ、モテている状態」

「仕事が抜群にできる自分」

など、琴線の核は人それぞれです。

仮に「大好きな男性から愛される」というのが、琴線の核でしたら、

もし、リッチな生活を送り、たくさんの男性に好かれていても、

“大好きな男性から愛されていない”というだけで、

人生が虚しく感じられ、満たされないのです。

あなたにとっての琴線の核はなんでしょうか?

もし、ひとつに絞れない場合は、あてはまりそうなものをいくつか挙げてみて、そこから考えましょう。

②男性に対して、絶対に譲れない条件をはっきりさせる

1の“琴線の核”を満たす男性を想像しましょう。

そして、理想の男性の“絶対に譲れない条件”を明確にします。

例えば「心から信頼できる人たちに囲まれて生きる」が琴線の核なら、

「嘘や浮気など信頼を崩すようなことはしない誠実な男性」といった感じに決めます。

ポイントとしては『絶対に』という、譲れない条件のみに絞ること。

「できれば〜」という条件は徹底的に排除しましょう。

できれば高収入とか、できれば身長が高い、など考えていくとブレてしまって、それこそキリがないからです。

この『絶対に譲れない』という条件は、自分がどのように生きて行きたいか、

どんな時間をパートナーと過ごしたいかなど、今後の人生を送るうえで、とても重要になります。

何を買いに行くか決めずに買い物にいくと、

どこの店に行っていいかもわからないですし、何を買うのかも迷います。

結果として、「必要なもの」「どうしても欲しいもの」ではなく、雰囲気に流されて、

「なんとなく良いもの」「安いもの」を買ってしまい、結局役に立たないなんてこともあります。

理想の男性との出会いも、ある意味買い物と一緒。

目の前に現れた男性をそのときの感情で判断するのではなく、

“琴線の核”と“譲れない条件”を明確にすることで、ブレないで流されなくなります。

結果、理想とする男性を見つけやすくなるでしょう。

いかがでしたか?

今回ご紹介したのは、理想の男性を見つけるための初歩的な2項目。

この2つだけを気に留めておくだけで、今までよりずっとあなたにとっての理想の男性が見つけやすくなるはずですよ。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)