不倫相手に選ばれる女性

一般的な“不倫している女性”といえば…「尻軽」「派手」「したたか」など、ちょっと遊んでいるような女性をイメージしがちですよね。

しかし実際には、不倫なんて絶対にしなさそうな“真面目な女性”が不倫相手として選ばれているんです。

そこで今回は、“不倫相手にされやすい女性”に共通するポイントを3つご紹介いたします。

不倫相手に選ばれる女性

■1:時間を合わせてくれる

不倫をしている既婚男性は、だいたいが会社で働いています。そのため、不倫をするためには、ある程度女性のほうが自分の時間に合わせてくれる必要があるのです。

例えば、シフト制の仕事をしていて休みが合わせやすい。1人暮らしをしていて自分の時間が自由に取れるなど、“時間の融通がつけやすい女性”が不倫相手の対象となってしまうのです。

男性は、不倫をしているからといって家庭を大事に思っていないわけではありません。

家庭も大事、不倫相手も好き、というように、どちらも彼にとっては大切で欠かせない存在であるのです。仕事と家庭の合間や自分が会いたいと思ったときに会える女性の方が都合が良いですよね

■2:口が堅い

口が堅い女性は、不倫するには打ってつけの相手。

おしゃべりが過ぎる女性を不倫相手にしてしまうと、いつどこで誰に喋ってしまうかわからないですよね。男性にとって「ついうっかり…」なんてことは絶対あってはいけないのです。不倫バレによって、家庭崩壊、職場退職なんてこともありえますからね。

そのため、“噂話が好き”、“口が軽い”というような人とは、間違っても不倫しようとは思わないのです。

相手の話を聞いて、“言っても大丈夫な話”、“人には言えない話”のどちらであるかを瞬時に感じられ、それを守れる女性は「不倫に向いている」と思われてしまうかもしれないのですね。

■3:割り切った関係でいられる

既婚者にとって、一番めんどうなのが「奥さんとわたし、どっちが好き?」という独占欲。不倫をするのは、「奥さんとうまくいっていないのでは?」と思いがちですが、それが理由な男性ばかりではありません。

奥さんとはうまくいっているのに、ただ「刺激が欲しいから」、「夢を見たいから」と不倫に走る男性もいるのです。そんな男性にとって、「奥さんとはいつ別れるの?」などの現実的な話をされると、気持ちがスーッと引いていってしまいます。

仕事は仕事、遊びは遊びと、メリハリが付けられる女性を好む傾向になるのです。

不倫相手としてめんどくさくないこと、これは“不倫”において、とても重要な要素であると言えます。

とは言え、普段から「これはこれ、それはそれ」という考え方をしていると、「不倫は不倫、家庭は家庭」と思っている男性に目を付けられてしまいますよ。

お互いに“都合の良い関係”にはならないよう、常日頃から気を引き締めていきたいですね。

■おわりに

いかがでしたか?

不倫というのは、“派手だから”という理由でその対象になるということではありません。

不倫相手にされやすいイメージの派手な女性だったとしても、「不倫なんて絶対しない」と心から思っている人には、男性も不思議と近づかないのです。

しかし、心のどこかで「この人ならいいかも…」と思っている女性には、男性は敏感に反応します。

もし不倫関係に陥らないようにしたいのであれば、自分の意思をしっかり持って人付き合いをするよう心がけることが大切なのですね。

(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)