整形

先日、学生時代に同じクラスだった女子と偶然会ったのですが、彼女から声を掛けてこなければ、筆者は間違いなくスルーしていました。

なぜなら、かつてのクラスメイトは、名前を言われてもピンと来ないほど、顔が変わっていたからです。

一緒にいた小学生くらいの娘さんが、当時の彼女の面影を残していたため、「もしかして……?」とやっと気づいたのでした。

彼女のように、女性であれば、子どもが産まれることで整形を怪しまれるケースが少なくないのかもしれません。

ほかにも、顔を変えたことが彼バレするのは、どんなことがきっかけになるんでしょうか?

整形

・学生時代の写真がない!

恋人同士になれば、少なくとも一度は中高校生時代の話をするものです。

生まれや育ちがまるで違っていて共通点がないとしても、卒業アルバムを見せ合ったり、学園祭の写真を見せて思い出話を聞かせたりするでしょう。

でも、顔が変わっている場合、昔の写真を出すわけにはいきません。

整形をしていることが原因で破局するかもしれないと思えば、必死になって隠すはず。

頑なに学生時代の写真やプリクラを隠すと、かえって不自然ですし、彼氏を怪しませる原因になるのです。

・整形した部位によってバレる!

目を二重にするくらいであれば、今はとても自然に作れるそうなので、彼バレ度は低いといえます。

また、生まれつき一重の女性が、毎日のメイクでアイプチをしているなら、ほとんど気づかれないでしょう。

ただ、比較的安価な整形手術で、パッと見た印象から違ってくるのは、「鼻」と「涙袋」だといわれます。

鼻にプロテーゼと呼ばれるシリコン棒を入れた場合、眉間というか、鼻の付け根のラインが不自然にシャキーン! と伸びてしまい、その横顔はまるで数年前に流行った映画『アバター』のよう。

彼女の鼻のラインに違和感を覚えた彼氏が、彼女が寝ている間に鼻を触り、整形かどうかを確かめてバレた……という実話もあるんだとか。

涙袋も、女性の場合はメイクでかなりごまかせますが、人間の顔の印象を決めるパーツでもあるので、膨らませれば会った瞬間に「なんか違う」と思われるはず。

寝不足だから、メイク方法を変えたから……で彼氏の疑惑をすり抜けるのは、なかなか難しいかもしれません。

・まとめ

整形をしている女性からすれば、顔を変えたことを彼氏に知られるのを怖がるのでしょうが、もし結婚まで関係が進んでいくなら、バレる前に自分から打ち明けたほうが良さそうです。

インターネットの相談掲示板では、婚約までしたのに整形がバレて破談になったとか、結婚後にバレて大モメ……といった内容がたくさん上がっています。

結局のところ、彼女の顔がどう違うかではなく、隠し事をする点に、男性は憤りを覚えるのです。本当の信頼を結んでいるなら、整形を明かしたところで関係は変わらないはず。

打ち明けないまま、中途半端な形でバレるほうが、キケンだといえますよ。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)