失恋女子

あんなに仲が良かったと思っていたのに、いきなり彼から別れを告げられてしまった…。

なんの前兆も無く急に振られてしまっては原因もわからず、悲しみだけが残ります。

しかし、あなたが振られた理由はあなた自身が気づいてないところにあるかもしれません。

そこで今回は、いきなりフラレてしまう女性の共通点を調べました。では早速みていきましょう。

失恋女子

 

■1、相手に尽くしすぎてしまう

一見、相手に尽くしている事の何が悪いのか分からない方も多いかと思います。

尽くしすぎてしまう原因は、あなたが自分の事を過小評価してしまうからです。

自分に対する自信の無さから「これ位しないと自分は愛される資格が無いのでは…」と考えてしまい、相手の言いなりのような状態になってしまっていたなんて事はありませんでしたか?

人は常になんでもしてもらえる状態にいると、なんの面白みも張り合いも感じなくなってしまいます。

そこから、あなたと居ることに飽きてしまい都合よく利用されて別れを告げられてしまうパターンです。

折角お付き合いする事になったのなら、自分は愛されているという自信を持った行動を心掛けるのが良いでしょう。

 

■2、選択肢を相手に与えてしまう

彼に合わせる女子

デートの時など、何かを決める際の選択肢を相手に委ねてばかりいませんでしたか?

確かに、好きな人と同じ物を共有したいという気持ちから相手に決めてもらおうとするのは良いかもしれません。

ですが、それがいきすぎてしまうと自分の意見は無いのかと相手に疑問を与えてしまいます。一緒に居る時に、好きな人がどんな物が好きなのかは誰しも気になることです。

嫌われるのが怖いなんて理由で相手に合わせてしまう方もいるかもしれませんが、付き合っていれば相手のことを知りたいのは普通の事。

怖がらずに自分が好きなものやデートの提案などをすれば新しい発見もあるかもしれませんよね。

今まで相手に任せきりだったな…と思い当たる節がある方は、次の恋愛に生かしてみると良いでしょう。

 

■3、自分の気持ちを伝えていない

好きと伝える女子

お互い好き同士で付き合っているのだから…と、相手への愛情表現を怠ってしまったり気持ちを表現するのが恥ずかしくてできなかったりして気持ちを伝えていなかったなんてことはないでしょうか。

やはり、付き合っていれば相手が自分を好きでいてくれる”安心感”が欲しいものです。

言葉にするのは恥ずかしいですが、相手に「好きだよ。」と伝えるだけでも充分に仲は深める事ができます。

男性も女性と同じで愛情表現をしてもらえれば嬉しい生き物です。

愛されていると感じる事ができれば、同じように愛情を注いであげようと思ってくれるでしょう。お互いに自分は相手に必要とされていると感じる言葉や態度での愛情表現は必要不可欠な物なんですね。

 

■おわりに

いかがでしたか?あなたに当てはまる項目はあったでしょうか。

自分の気持ちを表現するのが苦手な方は、少しずつで良いので相手に伝える努力をするのをオススメします。

自分の言葉や態度で相手が笑顔になってくれたら、嬉しいですよね。是非参考にしてみて下さいね!

(きえお/ライター)
(愛カツ編集部)