イケメンと付き合う方法

「イケメンはみんな美人が好きなんでしょ。私なんか……」と思うなかれ。世の中は美男美女カップルばかりではありません。
なぜなのでしょう。ということは、私でも大丈夫?

今回は、誰も気づかなかったイケメンのダメな部分を理解し、付き合う方法をご紹介します。

イケメンと付き合う方法

イケメンは顔以外あまり取り柄がない

イケメンはルックスだけで生きてきました。他の努力は必要なかったのでしてこなかった。だからほかにずば抜けた長所がないことが多いです。

若いころ、20歳そこそこならそれでもいいので、競争率は高いでしょう。女性の年齢が上がると、男性選びの基準が顔から性格、経済力、能力になるので、競争率がガクンと下がります。

ここで、完璧なイケメンなら難しいですが、顔だけイケメンなら付き合える確率が上がるのです。

実はコミュニケーション能力が低い

イケメンともなると、男女問わず、相手が上げてくれて、相手が話しかけてくれて、相手がおぜん立てしてくれて、気を使ってくれてと、無理して輪に入ること、仲間に入るための話題を作ること、誰にでも愛想よくするなどの努力をしてきませんでした。

人間関係でとくに苦労はなかったのです。でも、いつまでもそういうわけにはいきません。そうはいっても、コミュニケーションは難しい。

なので、あなたが代わりにコミュニケーションしてあげるのです。彼の知らない世界に連れ出してあげる。紹介してあげる、口利きしてあげる。

など秘書や親のようなことをしてあげます。右腕になる。頼れる人になるということです。

頼れる人になる

コミュニケーション能力が低いイケメンは「気軽に頼れる人」をもとめています。
彼の秘書、母、マネージャー、発起人になることです。

発起人…彼が活躍できる場を提供したり企画したりする人物。そこまでしないと、まだまだ狙ってくるそこそこカワイ子ちゃんには勝てません。

ほめてくれる

美女や、そこそこに可愛い女性はイケメンをたくさんほめてくれません。

自分が「かわいいね」とほめてもらうほうが先だからです。でも、可愛くない女性はイケメンをほめてくれる。「仲良くできてうれしいな」と、感謝もします。ほめと感謝のダブルです。気分がとてもよくなりますよね。これは最強。

おわりに

自分の顔に自信がないのなら、単独行動はせず美女グループ、目立つグループへどうにか入る。イケメンと遭遇する確率の高い場に行くということです。

そこでイケメンと友達になる。恋モードは出さないこと。そして、ほめて彼のマネージャーや発起人になり、必要な存在になる。イケメンの唯一無二の存在になるのです。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)