男女平等が叫ばれるようになった昨今、「経済的にも精神的にも自立した女」は同じ女性からは「憧れの存在」として、また男性からは「仕事でも恋愛でも対等に付き合える存在」として、人気急上昇中です。

でも「自立した女」を目指していても、一歩間違えると「気の強い女」になってしまうことがあります。

この2つを取り違えると、あなたはモテ女子になれるどころか、一気に非モテへ転落してしまいます。

似て非なる「自立した女」と「気の強い女」は、いったい何が違うのでしょうか?

彼に依存しないことは大切!でも・・・

「いつも彼がいてくれないとダメ〜」「彼が人生の全て!」「彼と少しでも連絡がつかないと不安になる」
こんな女性は男性にとっては重く、めんどくさいだけです。

男性の多くは「依存心の強い彼女」より、「ある程度精神的に自立して、自分の時間もちゃんと楽しめる女性」を魅力的に感じます。

しかしそれも度を超すと「自立した女」ではなく、ただの「気の強い女」になってしまうので、要注意!

「荷物を持ってあげる」という彼に対し、「いいの!自分で持つから!」と、いつも断っていませんか?

「連絡がつかなかったけど、どうしたの?」という彼に、「私にだって自分の時間があるの!」と、キツい言葉を返していませんか?

あまり突っぱねてばかりいると、あなたは「自立した女」ではなく「気の強い、かわいげのない女」と思われてしまいます。

これらは彼氏に対してだけでなく、周囲の人たちにも同じです。

相手のことは大切にし、感謝の気持ちを忘れないことも「自立したモテ女」の条件なのですよ。

言葉遣いのキツさはあなたの魅力を半減させるだけ!

アニメなどの2次元の世界には、言葉遣いが少々乱暴だったり、男っぽかったりするのが魅力の女性キャラが登場することがあります。

しかし、現実の世界にそんな言葉遣いの女性がいても、魅力的と感じる人はいません。

乱暴な言葉遣いは、それだけで相手に

「この人、自分に何か敵意を抱いているのかな?」

と感じさせる原因となります。

スーパーやコンビニで働いた経験のあるAさんによると、お客さんに対して

「この人、いくら客だからって横柄すぎるな!」

と感じる原因の1つは、その客の乱暴すぎる言葉遣いだったとのこと。

これは店員から見たお客さんの言葉使いだけではありません。

あなたの、彼氏や周囲の人への言葉遣いでも、全く同じですよ!

精神的・経済的に自立しても、言葉遣いは優しく丁寧な女性が「自立したモテ女」なのです。

「ツンデレ」の「ツン」は男性には通用しない!

2次元の女性が好きな男性の中には、普段は気が強いけれども自分の前では優しくなる「ツンデレ」な女性に萌える人もいます。

でも男性は意外と単純ですから、現実の世界に「ツンデレ」な女性がいても、それを理解できるとは限りません。
逆に

「気の強い女だなあ、可愛くないな」

と思われ、恋愛対象外にされるのがオチです。

愛される「自立した女」を目指すには、「アニメと現実は違う」ということをあなた自身がまず理解しましょう。
男は、女性に気の強さではなく、優しさを求める生き物なのですよ。

いかがでしたか?

「自立した女」とは対照的に「気の強い女」の男ウケが良くない原因としては、

「気が強いけれど、性格は良い」

という女性をめったに見かけないことが考えられます。

「気の強い女が多い」と言われるバレエの世界に長く身を置いた筆者の見てきた限りでは、「気の強い女」の多くは相手の気持ちを考えることができないか、

もしくは「性格が悪い」と判断されてもいたし方ないのかな?といった印象でした。

男性は女性以上に単純ですから、筆者が感じた以上に「気の強い女性」を「性格が悪い」と判断してしまうでしょう。

相手への思いやりを忘れないようにして、「自立した愛され女子」を目指しましょう!(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)