不安
2018.6.8

出会いを求めていると、男性からアプローチを受けることもあると思います。

話が進んで、相手との結婚を考えることも。

でも、いまひとつ相手に対して恋愛感情が湧き起らない。

そんなときって、正直結婚に迷ってしまいませんか?

もちろん、恋愛と結婚は別物とわかっているけど……。

そんな好きでもない人との結婚に悩んでしまったとき、どう判断したらいいのか。考えたいことを挙げてみました。

不安

■結婚の目的をハッキリさせる

まず、結婚の目的をハッキリさせておきましょう。

漠然と「アラサーになったし、仲のいい友達も結婚したし、周りもプレッシャーをかけるから……」という考えだけでは、

何のために結婚したいのか、自分の意志がぼんやりしてしまいます。

「結婚して、自分の家庭を作りたい。子どもがほしい」おそらく、そう考える女性は多いと思いますが、結婚後の生活は?

どういう男性と結婚したいのか? 理想ではなく、現実的に自分がどんな結婚をしたいのか、前もって考えておく必要があると思います。

そのほうが、自分の結婚目的に合った男性と出会えると、興味を抱きやすくなるはず。

もしかしたら付き合っていくうちに、恋愛感情が湧き上がってくるかもしれません。

相手への気持ちに迷ってしまったら、いま一度自分の結婚目的を見直してみては。

■「いいな」と思える感情があるか

「結婚は恋愛とは違う」よく言われる言葉ですね。

楽しい恋愛と違って、結婚は一生涯に及ぶことです。相手と家族になって、現実的に暮らすことです。

そのため、経済的な問題、相手との価値観の一致など、相手の条件が気になる女性は多いでしょう。

しかし、一番は「相手と結婚したい!」という気持ちがなければ、相手との結婚を前向きには考えづらいと思います。

ただ、「相手と結婚したい=相手のことが好き」とは限りません。

相手の人となりに好感を持ったり、相手の行動力に尊敬を抱いたり、相手に対して「いいな」と思える感情があるか、が大事です。

異性に対して魅力を感じるポイントは、人それぞれ違います。

少なくともあなたが、人として「いいな」と思える相手なら、結婚を前向きに考えていいのではないでしょうか。

相手への素直な気持ちを大事にしましょう。

■結婚して幸せになれるか

結婚は幸せになるためにするものです。

最も基本的なことですが、結婚に焦っていると、つい忘れがちなことです。

相手との結婚に対して、幸せなイメージを抱けるのか。

付き合っていて、相手との関係がいい方向に向かっているか。ちょっと冷静に考えてみてください。

結婚は、自分が幸せになるだけではなく、相手を幸せにする意味もあります。

結婚は恋愛とは違いますが、少なくとも生涯に渡って付き合っていくパートナーです。

お互いにこれから、息をピッタリと合わせて、相手を支えることができるのか。

意外とシンプルなようで見失いがちなことです。彼との結婚に悩んでしまったら、ぜひこんなことも考えてみてください。

■おわりに

いかがでしたか。結婚は一生に及ぶことです。

自分の心と、そして相手の心と向き合って、お互いが幸せになれる結婚ができるといいですね。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)