出会い
2018.6.9

社会人になると学生の頃とは違い、なかなか出会いの機会が無くなりますよね。

学生の頃はある程度仕切られたコミュニティの中で過ごしていたので、一人一人と深く関われたおかげで恋愛相手を見つけやすいという事もありましたが、

社会人になると一気にコミュニティが広がり過ぎて浅く広くの付き合いになってしまい一人と深く関わる機会が少なくなってきて・・・。

結果ずっと出会いがない!と嘆くことになっている人も少なくないはず。

でも実は出会いの場ってしっかり日常に潜んでいるんです。

あなたはただそれを見逃しているだけなのかもしれません。

という事で今回は、日常に潜む出会いの場について紹介しますね。

出会い

職場に隠れた出会い

日常の出会いの場として一番わかりやすいのが、職場での出会い。

よく、「うちの職場の男性はみんな結婚している」とか「女性が多い職場だから…」とか「仕事相手と恋愛したくない」とか言っている人も沢山いますが、

職場には他部署の人や取引先の人など本当に沢山の人が関わっているので出会いの場は無限大です。

いずれそういった方と仕事で関わる機会もあるかもしれませんし、職場の飲み会も決して無駄ではなく、

たまたま上司が他部署の独身男性を連れてくるなんていう可能性も大いにあり得ます。

その出会いをきっかけに恋愛関係に発展する可能性もゼロではありません。

仕事をする場だからといって、変に予防線を張る必要は無いのです。

同窓会で再会

同窓会は友達と再会し昔を懐かしむものと思って参加をする人も多いですが、

実は同窓会での再会をきっかけに恋愛関係に発展したというケースも少なくありません。

昔好きだった人に出会えたり、当時全く興味が無かった人がとってもかっこよくなっていたり…なんてこともあるかもしれませんよね。

もちろんこれは、同窓会に参加しないとわからない事。

面倒だと思って参加しないという人も多いかもしれませんが、こういう時に自ら動かなければ出会いは一生やってきませんよ!

趣味の場でまさかの出会い

コンサートや習い事など、共通の目的を持って集まる場での出会いも忘れてはいけません。

こういう場には価値観が似ている人たちが集まるので、実は気軽に仲良くなりやすいのです。

ただもちろん、最初は全く知らない人に話しかけるという第一歩の勇気が必要です。

昔と同じ感覚ではダメ!

いかがでしたか?

社会人になるとお互い仕事で忙しく恋愛から離れてしまう事も多くなりますが、そのままでは出会いなんてずっと無いままです。

出会いが欲しいのであれば、学生時代とは違って自ら行動をするという事が一番大切ですね。

(愛カツ編集部)