2018.6.11

魅力的な男性ほどたくさんの女性に囲まれています。

連絡先にたくさんの女性が登録されていたり、LINEも1日に10通別な人からなどが普通の男性も多くいます。

そういった数々の女友達の中で、彼女候補になれる人となれない人はいったい何が違うのでしょうか?

今回は4つの大きな違いにフォーカスをあてて、ヒントをお伝えしたいと思います。

違い1:1回1回の連絡を考えてしているか

数々のライバルを出し抜いて一気に彼女候補にのぼりつめる人の特徴としては、3歩先まで読んで連絡をしている、という点があげられます。

初めて会ったタイミング、デートのお誘い、デート後、気になる男性の誕生日や出張などマイルストンのタイミングで連絡をする際に、その連絡で相手の男性が感じること、その後来るメッセージの予測、さらにそれにどう返していくのかをしっかりと考えています。

ものすごく時間がかかると思われるかもしれませんが、一気に彼女候補になる女性は、トライアンドエラーでかなりの数経験としてこなしていくことも
していますので、その技術が磨かれて自然と速いスピードでできるようになっています。

側から見ると普通にメッセージを送っているかのように見えますが、実はかなり深いところで考えを絞ってから連絡をしています。

違い2:柔軟性が高い

彼女候補に中々なれない方は、作戦から外れた意外なレスポンスが来た際に、びっくりしてしまったりして一気に崩れてしまうことが多いです。

結果、連絡が遅くなったり、中々気になる男性がいるイベントに顔を出せなくなったりして行動が遅れてしまいます。

一方、彼女候補に一気になっていく方は、「あ。この男性はこれまでの人たちとは違うんだな。」とゼロベースで作戦をすぐ練りなおります。

そして、こういった高い思考や行動の柔軟性によって、ものすごい速さで次のアクションをどんどん取っていきます。

とても行動的だと側から見ると思われがちですが、実はその行動の裏には高い柔軟性があります。

違い3:必ず1つサプライズを入れ込む

女友達の多い男性にとっては、デートもこなれたものでしょう。スマートな振る舞いで女心をキュンとさせる術も持ち合わせています。

一気に彼女候補になっていく人は、こういった熟練スキルについては、特に何か特殊なことをするわけではなく、むしろ甘えて男性主導にします。

そして、毎回必ず、何か印象付けるための行動を取るように心がけます。そして、そのための情報収集を怠りません。

プレゼント1つにしても、彼が最近関心のあるテーマにかぶせたり、他の女性とは違った感動を与えられるようにします。

そして、彼女候補に一気になる人は、実は「それほど頻繁に会いまくっている」わけでは無いことが多いです。

むしろちゃんと準備をし、1回1回の印象付ける作戦を練った後、準備万端でデートをします。結果的に男性の印象が良く、デートに
男性からも誘われるため、頻繁に会っているかのように側から見えるだけです。

違い4:適度なタイミングで帰る

長々と1回のデートに付き合わないのも、彼女候補に一気になる人の特徴です。

メイクやお洒落をかなりしっかりとして、最高の笑顔で臨むものの、イベントには遅れてやってきたり、途中で帰ったりします。

そういう行動で他の大勢とは異なる印象を与えるようにしていきます。

また、「たとえ帰ったとしても話題はずっと残る」仕掛けを忘れません。たとえば、彼のホームパーティー誕生日会で、ホールケーキを持って行き、全員で食べられるように切り分けてからあえて自分は途中で早退するなど。

1つ1つの行動に明確な理由と考えがあるので、途中で帰ったからといって何1つ不安にならないので、明るく後ろ髪ひかれる感じもなくさっそうと帰っていきます。そういう印象も男性にとってはとても珍しいものです。

さて、今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

ヒントを参考に数々の女友達の中から一線抜けて彼女候補、そして彼女になっていくための作戦を練る時間をぜひ取ってみてください。

あなたの恋愛がうまくいきますように。(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)