愛のささやき術
2018.6.13

ひとりの男性に恋焦がれ、募った思い。伝えるためには言葉にしなくてはいけません。

そこで大事なのが、声です。

声にも種類があって、人の好みはさまざま。声は恋のキーポイントになり得るもの。

シチュエーションに合わせた、臨機応変な切り替えが望まれます。

声を効果的に使い分ければ、思いが伝わる確率もアップするでしょう。

今回は、声フェチでもあり看護師として医療にも携わっている、私、大木アンヌが、
“男性の心に響く声の使いかた”についてご紹介します。

愛のささやき術

1:耳元でそっと打ち明けるように

「それができたら苦労はないよ」という方法かもしれませんね。まさに大胆かつ狡猾な手段です。

恋愛成就において大事なのは、相手をドキッとさせること。

ほかにも人がいるような場所で打ち明けたなら、効果は抜群です。

「ふっ」と耳に吐息を吹きかければ、さらに成功率はアップするでしょう。

2:鼻にかかったような声で優しく

男性から意外に評価が高いのが、鼻にかかった声。

分かりやすくいうと、風邪をひいて鼻が詰まっている時のような声です。

ミックスボイスという発声法に近い出しかたで、よく声が通ります。

綺麗な鼻声で愛を伝えれば、願望が成就することは間違いないでしょう。

3:低く落ち着いた声でしっとりと

男性には、高い声のほうがウケがいいと思われがちですが、
低い声には落ち着いた女性のイメージがあり、色気を感じるという意見が多いです。

アナウンサーが原稿を読むような感じを思い浮かべると、分かりやすいかと思います。

しっとりとした告白に安心感を抱き、思わず受け入れてしまうはずです。

4:腹の底から精一杯の声で

愛を伝えるのであれば小細工は要りません。

腹の底から声を出して、思いをストレートにぶつけましょう。

胸呼吸ではなく腹式呼吸を用いて息を吸い、おヘソの下あたりに力を込め、
ハッと吐き出すように発声します。

耳をつんざくような圧倒的な声量で、思いのたけを叫んでください。

相手は唖然として、頷くことしかできなくなるはずです。

 

以上です。参考になりましたか?

愛の告白において、声の使いかたはとても大事です。

日ごろから意識していると、本番でも出しやすいですよ。

なんにせよ、まずは伝える勇気を持つことですね。 (大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)