探偵女
2018.6.16

男性が嫌いなタイプの女性って色々います。例えば、ケンカする度に昔のことをさかのぼって「あの時、あなた○○したよね」と今だに文句を言ってくる通称「ネチネチ女子」。他にも言えばキリがない感じです。

そんな中、新しいタイプの女子が登場!それは「探偵女子」。読んで字のごとく、探偵みたいな詮索する女子のことです。今回はそんな探偵女子について書いてみたいと思います。

探偵女

 

1、背景

なぜ、そんな探偵女子が生まれてしまったのか?一番は、過去のトラウマに彼を信用できない辛い経験があったから。例えば彼に浮気された実体験があるとか?

実体験はないものの、ドラマや雑誌などのメディアや一番近いところだと、自分の身近な友達が浮気されなど周りの情報から、男性に対して疑心暗鬼になっているからだと思います。そして、探偵女子になる女子のタイプはつきあうと一途で重いタイプの子に多いです。

 

2、見ないほうがいい

探偵女子のとる行動パターンとして多いのが、彼の執拗なスマホチェック。さらにベテランの探偵女子になると、GPSで彼の行動を追っかけたりと(苦笑)。もしあなたが彼のスマホチェックを欠かさずしているのであれば、探偵女子に一歩入り込んでいるかもしれません。

正直、スマホは個人のプライベートの象徴です。いいことも悪いこともその中には入っています。もちろん、好きゆえに知りたい気持ちもわかりますが、見て良かった試しなんて100%ないと思ってください。

仮に浮気の証拠が無かったとしても、自分に送っているLINEにはそんなに絵文字は使わないのに他の人には使っていたり、もっと突っ込めば絵文字やスタンプの種類が自分と違っている。きっとそれを見ただけでも腹が立つと思います。だから、見ないほうがいいんです。

たまに「私の見ていいから、見せて」とよくわからない一方的な理論で圧力かけてくる女子もいますが、男性からすると「俺は見たくないし」と心の中できっと思っています。

3、嫌われないためのマインド

今回紹介した行動が自分に当てはまっていて、私は探偵女子だとショックを受ける人がいるかもしれません。そんな男性に嫌われる探偵女子にならないための心がけとしては、「少なからず男性にはやましいことはある」と広い心で大人の対応をするべきです。

そこを神経質になりすぎると、ちょっとしたケンカが徐々に増えて、彼との関係性もドンドン悪くなるばかり。「彼を信じて!」と言うのは簡単ですが、僕はそう思いません。その一途マインドだと、だんだん自分が辛くなるばかりです。だから、多少の気持ちの余裕をもちましょう。

 

4、おわりに

探偵女子は、せっかく、彼とつきあっても、結果彼を苦しめることになり、長続きはしません。さきほど彼を信じるマインドは良くないと言いましたが、言葉では「あなたは浮気する人じゃないよね、信じてるから」と、言ったほうが、男性は浮気しづらいものです。

逆に「浮気、絶対しないでね」と言われる方がしたくなる衝動にかられます。(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)