お互いの愛情を感じ合える濃厚なエッチができるかどうか、それは服を脱ぐ前のムード作りから始まっているのです。

今回は、男性陣の「このシチュエーションに僕は燃えました!」という経験談を3つ、ご紹介します。

彼らのお話をヒントに、ぜひあなたも、彼のハートに火をつけてみてください。

音を立ててキスされて…

「彼女が家に泊まりに来たときの話です。いつもは、食事して、シャワーして、そのままベッドに……ってなんとなく順番が決まってたんですけど、その日、食事が終わった直後に彼女が僕にキスしてきたんです。

それもピチャピチャと音を立てながら。その音にすごく興奮して……そのままベッドへ。いつも以上に張り切っちゃいました」(29歳/商品開発)

手っとり早くムードを作るなら彼にキスするのが一番。でも、ただキスするだけでは芸がありません。思いっきりセクシーなキスで彼をエロモードに誘いましょう。

わざと大きな音をたてたり、舌を絡めたり……。情熱的なキスで一気に彼は燃え上がるはずです。

無言で目を見つめてきて…

「会話が盛り上がっちゃうと、なかなかその気にならないですよね。僕も彼女もおしゃべりなので、トークに夢中でついつい何もなしで帰宅、ってこともしばしば。でも、先日の彼女は違った。

会話を楽しんでると、ふと話をやめて僕の目をじっと見つめてきたんです。そして僕の唇を指でなぞって……。いつもとは違う彼女のセクシーな姿にどうしようもなく興奮して、そのまま押し倒してしまいました」(30歳/広告代理店勤務)

トークで大盛り上がりするのはとても楽しいものですが、セクシーとは程遠いムードになってしまうのでご用心。

彼をその気にさせるなら、黙って彼の目を見つめて。時に、100の言葉よりもうるんだ瞳の方が、あなたの心を上手く彼に伝えてくれる場合もあるのです。

ストレートに言葉で…

「彼女が、『今日はずっとくっついていたいな。早くエッチしたい気分……』って言ってきたんです。言葉でストレートに言われるとやばいですね。

どうしようもなくドキドキして、一気にエロモードに突入しちゃいました」(28歳/食品メーカー勤務)

中には、「私の彼、ちょっぴり鈍感で……」という人もいるかもしれませんね。そんな彼にはストレートに言葉で伝えましょう。

「ずっとあなたに抱かれたかったの」「今日はいっぱい愛してほしいの」。恥ずかしさを堪えて自分の気持ちを素直に伝えるあなたに、彼はたまらない気持ちになるはずです。

セクシーなムードを作るのに、特別な小道具は必要ありません。あなたの「愛されたい」という思いをちょっぴりエロティックに彼に届けるだけでOK。

あなたの欲望が彼に伝わったら、きっと彼は即スイッチが入るはずです。

(愛カツ編集部)