物静かな彼。自己主張はあまりなく、みんなの話を聞いているタイプ。そして二人きりで彼の話を聞くようになり、とても仲良くなっていた……こういうことって結構ありますよね。

彼は私を「男友達よりも話せる」と言ってくれる。これは、心を開いたということで、脈ありなのでしょうか。それともすでに恋人候補なのか、またはただの親友なのでしょうか。

この状態はどんな状態なのでしょう?

もともと口数の少ないの男性は、何でも話せる女性をどう思っているのか、探っていきたいと思います。

男性は心のうちを話さない

男性は男友達にも心のうちをそれほど話しません。話す相手は一人くらい、もしくはゼロです。女性のように女子会で話したり、いろんな相手に話したりなどはありません。

男同士では言いづらいけれど、女性には話せる、そんなことがあるかもしれませんね。
女性だから話しやすいということもあります。

しかし、女性は好きな男性に心を開き「すべてを知ってほしい」と何でも話しますが、男性は心を開く=恋ではないのです。

心を開くときって?

これは、雰囲気で感じ取るしかないと思います。こちらの思いとは裏腹に「そうそう開かないぞ」と考えていることも。これは意地悪ではなく、男性は敵が多いので積極的に開示しないようにできているから。

女性は共感しながら力を合わせて「みんなで」生きていくので、おたがい心を開くのは重要なことですが、男性は違うのです。

また、友人のくくりでは基本的に男性は女性を信用しません。秘密の話が広まっていくからです。ですから、彼が心を開くときは信用されたとき。彼との会話を誰にも洩らさなかったときに信用するのです。

なので、彼に信用されているのなら恋愛に発展するかも。

「心を開く」の先は

「心を開いた」ということは、よい友達になれたということ。その先が恋になるためには“話を聞いてくれる”以外の要素がもう一個くらいほしいところ。話を聞いてくれることは好印象まちがいなしですが、もっと大事にしている部分があります。

女性としての魅力や見た目と女らしさ、趣味の一致など。

それは話しているとわかるので、ぜひ恋愛の話や異性についての話もしてみる。そこで話さないなら時期が早いか、そういう話はしたくない。つまり対象外ということも……。

今はやっと友達の入り口

恋愛感情があると、自分をよく見せたくなるので、さらけ出して話すのはなんとも思ってない相手のことが多いです。とはいえ、どうでもいい人にはわざわざ話しません。

でもこれは肉食系男子の考えでもあります。草食系男子は、心を開けるかどうかを重視します。

おわりに

つまり、心を開くことは友情の部分が大きいですが、脈ありに近いといえます。うまく行けば恋になりますが、それは女性次第。

見た目の魅力と女らしさを磨けば恋になるでしょう。彼が肉食系男子なら短期決戦ですが、草食系男子の場合は少し時間がかかります。

「急がなければ、次第に恋になることができる」といったところだと思います。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)