男子の前でぶりっ子する女子のことを、最近では「あざとい女子」と呼ぶそうですが、でもぶりっ子は「現象」で、あざといはその「解釈」で……と書くのは、死語的な「ぶりっ子」をどう言い換えるべきか迷っているからなんですが、

これといった言葉が流行っている様子もないので、ここでは「ぶりっ子」という言葉をそのまま使うことにして、「男子の前でぶりっ子する女子を、男子はぶっちゃけどう思っているのか」について見ていきたいと思います……

しばし、死語的な「ぶりっ子」にお付き合いください。

■女子も同じじゃない?

女子どうしでは「男子の前でぶりっ子する女子は嫌い」とか「そういう子はあざとい」とかと言いますよね。

でも考えてもみていただきたいのですが、男の中には、女子の前だけでテンションアゲアゲになる人がいて、そういう男子にコロッといってしまう女子っていますよね。

男は、そういう男を見ながら「こいつ、女を口説くためには手段選ばずか。どこまで遊び人やねん」と思っていたりするんですよね。つまり彼は、同性には嫌われて、ある種の異性には好かれている、ということです。

ぶりっ子女子もこれとまったく同じですよ。女子どうしで「男の前で急にぶりっ子になるあの子はサイテー」と思っていたとしても、男から見ると「そういう子こそがかわいい」と思って頑張っちゃって、カップル成立と相成るのです。

■あざとさ――その男女に共通する心理とは

ぶりっ子女子というか、あざとい女子って、「自分が欲しいと思ったものを手にする天才」だったりするんですよね。周りの人にどう思われていようと、そんなのは関係ない。

なぜなら周囲の人がわたしのことを幸せにしてくれるわけではないから。あくまでも自分が欲しいと思ったものを自分の頑張りで自分のものにしてしまうこと、それがわたしにとっての幸せ、だからわたしはぶりっ子しようと、あざといことをしようと、とにかく自分の理想の彼氏をゲットしよう――これがぶりっ子女子のホンネでしょう。

男も同じです。同性に嫌われようとなにをされようと、欲しいと思った女子を自分のものにするためにとことんやる――これがあざとい男のホンネ。

■男の究極のホンネ

人って、自分が「そうありたい」とか「そういう能力も欲しい」と思っているようなことをさらっとやってのけている人に対して嫉妬するから、ぶりっ子女子やあざとい女子のことが嫌いな女子は、もしかしたら「わたしも『この男子と付き合いたい』と思った男子の前でぶりっ子したい、あざといことができる女子になりたい」と思っているのかもね。

そして男子は、自分の前でぶりっ子してくれる女子を待っていたりします。「自分の前でぶりっ子してくれる=きわめてわかりやすい好きのサイン=付き合える3秒前」と男子は捉えているからです。

だからたとえばキャバクラがなくならないんです。若くてお金がなくてキャバクラに行けない男子だって、キャバクラに連れて行くと鼻の下を伸ばすんですよ。

「キャバ嬢は商売として君の前でぶりっ子しているんだ。目を覚ましなさい」と言っても、なけなしのお金を握りしめて内緒でひとりでキャバクラに通い始めるんですよ。

男って、自分の前でぶりっ子してくれる女子がホントに好きなんですよね。そしてそういう女子に何回か騙されて、やっとこさオトナの男になるんです。

これ、若いうちに騙されてないと、歳をとってから騙されます。たとえば50歳の経理部長が会社の金を横領してキャバクラで遊んでいた、なんていう事件の元凶は、その経理部長が若い頃にぶりっ子女子に騙されてこなかったところにあるんですよね。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)