恋を呼び込む良いスキ

なかなか恋人ができない!というと「隙(スキ)がないからじゃない?」といわれる一方、その気じゃないのに言い寄られて迷惑したあげく「あなたによけいな隙があるからだよ」なんて言われることもありますよね。

「隙」をコントロールできれば、恋愛シーンも思い通りになるかも知れません。恋愛における「いい隙」「悪い隙」は何が違うの?

恋を呼び込む良い隙

自信のなさから現れる「悪い隙」

興味のない人にばかり好かれたり、なぜかバカにされたような対応をされるのが「悪い隙」。だらしないイメージにも見られがちなので、不要な隙はどんどん消していきたいもの。悪い意味で「隙があるよね」といわれる人にはいくつかの特徴があります。

一つは「断れない」こと。

頼まれるとNOと言いづらく強引に誘われると気が向かなくても断れないというタイプの人は、「あの人だったら断らないし」と思われたり、ひどい場合には「いつ誘っても来るから暇なんだよきっと」と、知らない間に軽く見られていることも。

もう一つは「相手との距離感がわからない」こと。興味のない異性に対してもきちんと線を引いた対応ができないのが特徴です。

興味のない相手なのに「送っていくよ」と言われてホイホイ送ってもらってしまったり「飲みに行こう」のお誘いに普通に二人だけで出かけてしまったりすると、「この女はイケる!」と思われてしまうことも。

そんなタイプの女子たちが口々に言うのが「私なんかを誘ってくれて、申し訳ないし」「私なんかと話してもつまらないだろうから、触られるのぐらい我慢しないと」など、不必要に自分を低く見せる物言い。

毅然とした態度をとれない自信のなさを見抜いて近づいてくる人って思った以上に多いです。悪い隙は「人に悪く思われたくない」と過剰に思ってしまう事が呼び水と言えそうです。

あざといくらいでOK!「良い隙」

恋を呼び込む良い隙
いっぽう「いい隙」の最大の特徴は、「それを本人が狙って見せている」点と言えるかもしれません。好きな人にだけ狙って見せる笑顔や無防備な姿は「可愛い」と思われるステキな隙。

狙って見せるのは隙じゃない!と思う人もいるかも知れませんが、笑顔は元々「あなたに敵意がありません、受け入れていますよ」というアピールでもあります。

それはそのまま「話しかけていいよ」「興味持っていいよ」をアピールする隙になります。さらに、笑顔で話を聞いてくれる女性の前にいると自分がイケてるような気になれるので、その女性を側に置きたくなるという男性の声をよく聞きます。

狙った人には意識的に笑顔を見せるという基本は大事です。また、男性が女性に対して「彼女は俺の事が嫌いじゃないんだろうな」とジャッジするポイントに「二人の物理的な距離感」があります。

女性からのボディタッチで相手を急激に意識してしまう男性が多いのもこのため。

さわる勇気がないにしても、デートのときは離れて歩かない、食事をするなら対面のテーブル席よりカウンターを選ぶなど、意識的に近い距離にいる事でいい意味の隙を感じさせる事ができます。

おわりに

狙った人には笑顔を見せる、そうではない人にはきちんと線を引いた対応をする。

「相手にどう思われるか」より、自分の感情に素直に行動することが過不足ない「隙」を人に感じさせるポイントなのかも知れません。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)