男性から「大切にされてる」と感じていますか? どんな時にそう感じて、どんな時にそう感じたいですか?

男性がどんな犠牲を払ってでも大切にしたい、と思って行動するときは、必ずしも女性がそう感じるとは限りません。でも、もしかしたらそれ、本命の彼女にしかしない、彼の愛情かもしれませんよ?

■早朝、深夜の送り迎え

朝早く、まだ通学通勤する人たちもまばらの頃合いに、彼氏が迎えに来てくれる……。または、もう終電も終わり、シーンとした深夜でも、迎えに来てくれる……。もし、それをあなたがしてもらっているなら、それは、本命彼女に対する彼の愛情かもしれません。

早朝や深夜は、多くの人が眠い時刻ですし、疲れて休んでおきたい時間。そんなときに、文句も言わず(ときには言いつつも)、サッと迎えに来てくれる彼氏は、大きな自己犠牲を払ってくれているということ。

いくら多くの女性からモテたいと思っているとしても、他にアピールポイントはいくらだってありますからね。早朝や深夜に、わざわざ迎えに出ていくのは、彼女を大切に思っているからに他なりません。

■仕事の相談

仕事は、それイコール人生といってもいいほど大切なこと。ひとつの選択で、人生が大きく変わることだってあります。それほど重要な仕事について相談されるとしたら……。それは、あなたを自分の人生の一部と思ってくれているのでしょう。

もし、「ただ一緒にいるだけでいい」「なんとなく楽しいから」「いい女だし、キープしておきたい」程度に考えているなら、仕事のことは、わざわざ相談しないでしょう。勝手に決めて、適当に奢ったり、デートをしたり。それだけでいいはずです。

ときには自分の弱音も告白しなければならない仕事の相談を、彼女にする……。それは、女性が思っている以上に、男性にとって勇気のいることです。つまり、本命の彼女として、彼の中であなたがとても大きな存在なのでしょう。

■会えない日の何してる?LINE

「何してんの~?」という、呑気なLINEが来て、「別に何してたっていいじゃん~。寂しがりや?」とか、「ヒマ人だな~」なんて思っているとしたら……。それ、ちょっと待ってください。

もしかすると、彼は軽い気持ちで聞いたわけでも、ヒマだから聞いたのでもなく、何気ない日常も、あなたと「一緒にいたい」というメッセージなのかもしれませんよ。

ただ日が空いたら、デートに誘うとか、話題があったからLINEをする、というのであれば、気を使わなくても会話のきっかけができます。とくに用事もないけれど、会えない日は、せめて心で寄り添っていたい……。そういう願いが込められているのかもしれません。

きっと、知らない間に落ち込んでいたり、辛い思いをしているのもイヤだし、楽しい時間を過ごしているなら、それを知っておきたいと思うほど、大切に思える彼女になっているのでしょう。

■おわりに

男性は本来、メリットがあるか、意味があるか、などで、言動を決めたりする傾向があります。

ときにはめんどうくさくても、恥かしくても、意味はなくても、関わり合いを持ちたいと思える彼女。

それは、本命以外のなにものでもない証拠だと言えるでしょう。(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)