恋愛において、美しい容姿は大きな武器となります。しかし、人の価値は容姿だけでは決まらないものです。

決して美人ではないけど、あの人には魅かれてしまう……という経験は、男性でなくとも理解できることではないでしょうか。

磨くべきはやっぱり中身!?非美人だけど、キュンときた女性のふるまいについて、男性に聞いてみました。

誰にでも同じ態度で接することができる

「職場で営業アシスタントをしている先輩女性は、決して美人ではないけど、みんなから愛されてますね。成績トップのデキル営業マンにも、はっきり言って落ちこぼれの営業マンにも分け隔てなく接してくれるんです。

どんな忙しい時でも、いつも笑顔を絶やさなくて、魅力的。俺、結構見た目で人を判断するタイプだったけど、あの先輩に会ってからはやっぱ中身だなって思えましたね」(25歳/メーカー営業)

人付き合いをしていると、なかなか誰とでも分け隔てなく接するのは難しいもの。

しかし、どんなシチュエーションでも笑顔を絶やさず安定している女性は、容姿に関わらず魅力的に映るものです。口角を上げて、無理難題と思われてもとりあえず挑戦してみることから始めてみましょう。

食事中のふるまいがとてもきれい

「よく職場の人達と、食事に行きます。同じグループの後輩女性は、ずば抜けて美人って感じじゃないけど食事している姿が本当にきれいで。

和食に行っても洋食に行っても、見てるこちらが惚れ惚れしちゃうぐらい、礼儀正しく美しく食べるんです。仕事中は何とも思わなかったけど、食事がちゃんとできる女性ってすごく素敵だなって思わされました」(26歳/医療機器メーカー)

人と人との距離を縮めるのに、避けて通れない食事のシーン。ちゃんとしているつもりでも、美しく食事をするのは意外と難しいものなのです。

どんなお店に連れて行っても安心して一緒にいられる女性は、男性にとっても魅力的な存在となります。

不測の事態にも動じない器の大きさ

「雨の日にバイクで転んで、物損事故を起こしてしまったことがありました。初めての事故にパニクってどうしたらいいかわからず、とりあえず幼馴染の女友達に電話したんですけど、その時の対応には恐れ入りましたね。

警察も保険会社も全部その子が手配してくれて……俺はただただ茫然としてました。顔は全然タイプじゃないけど、その事故以来ちょっと気になる存在になりましたね」(25歳/不動産会社)

不測の事態が起こった時こそ、人間の本質が試されます。目の前の状況にパニックになっている彼を、動じず支えてくれる彼女には思わず魅かれてしまうもの。精神的に安定している女性は、一緒にいて安心感を得られます。

どんなに素敵な容姿も、中身が伴っていないといつかは飽きられてしまいます。

美人でも美人じゃなくても、恋愛におけるチャンスは平等なはず。自分の内側にある魅力に、目を向けてみましょう。

(愛カツ編集部)