「私って美人じゃないから……」と好きな彼を諦めるのはまだ早い!美人じゃなくても、男性が思わず好きになってしまう瞬間があるんです。

ポイントをおさえて、ハイスペックな彼の心を掴みましょう!男前な彼が思わず好きになった瞬間を、3つお届けします。

表情がコロコロ変わる彼女に首ったけ

「ついつい目で追ってしまう彼女は、表情豊かで笑顔がとてもキュート。特別美人というわけじゃないけど、コロコロ変わる表情に目が離せません。

ずっと見ているうちに、いろいろな面を知ることができました。目が合った瞬間に、俺に向けられた笑顔で、一気に好きに」(25歳/IT会社勤務)

クールビューティーという言葉があるように、美人にはどこか冷たさを感じる男性も。美人じゃないと思っているあなたは、愛嬌がある女性を目指してみるといいかもしれません。

気になる彼と目が合ったら、ハニカミながらの笑顔が効果あり♡いつでも彼に見られていることを意識して、身だしなみや人への接し方も気をつけましょう。

清楚な女性らしさに思わずドキドキ

「よくよく顔を見るとそんなに美人じゃないのに、俺のなかでは美人という印象の女性。いつも清潔感のある服装で、メイクも控えめながら清楚な仕上がりが好感度アップです。言葉使いも丁寧で、全身から美人オーラが出ている彼女。

飲み物をこぼしたときに、さっと手渡されたハンカチで恋に落ちました」(24歳/機器メーカー勤務)

美人って顔だけでなく、雰囲気で作ることもできるんです。普段から服装やメイクは清楚さをポイントにし、言葉使いも丁寧にしてみましょう。素敵な日本語が話せるように、読書で教養を身に付けておくといいかも。

守ってあげたいと思った瞬間に惚れた

「一緒にいると気取る必要がなく、リラックスできる存在の女友だち。ただの女友だちだと思っていましたが、ある日、ストーカーのような男に悩まされていることを相談されました。

弱い姿を見せられた瞬間、惚れていることに気づいた自分。その瞬間、『俺が守ってやる』と決意しました」(27歳/アパレル会社勤務)

弱い自分を見せることで、「守ってあげたい」と感じてくれる男性は多いかもしれません。なんでもお願いするのではなく、本当に困っていることを助けてもらうのがポイント。

あまりにお願いしすぎると、わがままな子という印象になってしまいますよ。守ってあげたい存在から好きになってもらうまでは、そんなに時間もテクも必要ありません。

待っているだけでは、ハイスペックな彼は好きになってくれないかも。

彼があなたを好きになってしまう瞬間をさりげなく作り出すのも、大人女子の腕の見せ所ですよ。

(愛カツ編集部)