2018.7.4

好きな彼と友達モードになってしまった女子からよく聞かれるのが「彼は私のことなんて女として見ていないと思う」という声。

だけど、それって本当に?「男女の友情が成り立つか?」はさておき、男女間のわかり合えなさ、面倒臭さを乗り越えてまで、何の魅力も感じない女子とわざわざ友達付き合いする男子はいません。

望みがないと思っているのはあなただけかも?友達から恋人にステップアップする方法をまとめました。

「友達としてしか見られていない」……それ、本当?

ある男性が言うには「男女二人で歩いていたら、本人たちの意識はどうあれ周りはカップルだと思うでしょ?そう思われたくない女の子とは二人で出かけたりしない」そう。

男性も暇ではありません。特に魅力を感じない女子とわざわざ二人で会ったりしないと言われれば、確かに納得するところも。

いつも集団でしか会えないなら別ですが、二人で会える関係なら望みはあります!「二人で会うのはまだ微妙」という人は、いったん恋ではなく「人としての好意」をアピールしつつ、様子を見ましょう。アピールの方法は、以下に続きます!

見た目から変えてみよう

望みはあるとはいえ、現状の彼は、あなたを恋人にするには「決め手に欠ける」「安心感がありすぎてモノにしたいという意欲がわかない」状態かもしれません。

関係が不安定ならあえて波風を立てない方がいいこともありますが、ぬるま湯につかりきった友達モードなら、まずは見た目でイメチェンをすることで関係に変化が起きるかも。

今までより少しキレイ目かつ女っぽいスタイルで、ごはんでも食べに行ってみましょう。

「友達だし」という照れは捨てて!そして男性は競争が大好き。みんなが欲しいものは良く見える傾向が。

メイクにしても服にしても、彼の好みに合わせるより「世間一般の男ウケ」を追求するほうが、よりハッとさせる効果が期待できます。

「彼とは違う」をアピールしよう

服はぱっと見で「なんか今日違う」と思わせられますが、さらにアピールしたいのが「男女の性差」。

男にはない「きれいな肌」「長いまつ毛」「柔らかそうな手」など女子特有のパーツを磨きましょう。「よくよく見ればやっぱりキレイ」と思わせる効果が。

また、人は本能的に自分と反対のビジュアルの異性に惹かれやすいので、彼が面長ならふっくらした頬を、切れ長の目ならパッチリした目を、というように、彼の顔と正反対のパーツを強調するのもポイントです。

さりげなく甘えてみよう

友達モードを抜け出すには、友達だからこその心の壁を取り除く必要があります。

「友達に甘えるなんて」と妙にさばさばした振る舞いばかりしていませんか?甘えることもアピールの一つ。甘えると考えると照れくさいですが、素直な自分を出してみましょう。

何もベタベタしろということではなく、食べたいものや行きたい場所を「お願い」してみることからスタートです。

この時マストなのが、彼がお願いを叶えてくれたら「素直に喜ぶこと」「感謝すること」。友達モードになった女子はココがぶっきらぼうになりがち。

「甘える」→「かなえてもらう」→「喜ぶ」のサイクルで、彼に「男としてみられてるのかな?」と意識させることができます。

好意のチラ見せが一番効く

友達に告白して振られることも、そりゃあります。

でもそれは「同性の友達感覚のまま」「突然好意を出すから」失敗するんです。

少し時間をかけて女らしさや好意をアピールすれば、自然に恋愛関係になれることも。焦らず、自分の気持ちを出してみては?(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)