年下男子
2018.7.9

年上男性が好みだった女性も年齢を重ねてくると、徐々に年下男性に興味を持つようになるはず。でも年下を落とすのってかなりハードルが高いもの。

だからこそやみくもに年下にアプローチをするのではなく「この人は年上女性もストライクゾーンかな?」と相手を見極める必要があります。

そこで今回は「年下男性を落とすための方法」についてご紹介します。

年下男子

年上の女性を好む男性とは?

基本的に男性は年下というか、若い女性を好む傾向にありますよね。
一番は「自分の子孫を残すために本能的に若い女性を好む」と言われますが、年下の女性が好きという観点から見ると

・年下女性×年上男性だと精神年齢が合う
・男性側が自分に自信がないため、年上の女性と付き合う勇気がない
・学生時代にモテなかったため、同年代~年上の女性に抵抗がある
・年下の女性のほうが自分の思い通りになる

などの理由が挙げられるでしょう。
つまりこのタイプと真逆な男性を狙えば、年下男性とも付き合える可能性があるということ。

たとえば自分に自信がある男性だったら、あまり年齢にとらわれることなく、女性を対等に見てくれるかもしれません。
変に女性へのコンプレックスをこじらせている男性より、そういう相手にアプローチをした方が話は早いですよね。

また何不自由なく生活してきた男性より、自立してある程度苦労してきた男性のほうが、精神年齢は高いはず。
そのため女性を顔だけで選ぶのではなく、きちんと内面まで見て交際を決めるでしょう。
そう考えると年上女性にも可能性は出てきますよね。

かわいい系orアネゴ肌系で攻める

年上の男性を落としたいのであれば、ある程度の「王道モテキャラ」でいれば通用するところも大きかったはず。
でも年下の男性に「すごい!」「こんなのはじめて~!」なんて言っていても「いやいや、それウソでしょ」と思われてしまいます。

年下の男性を落としたいのであれば、万人受けする「かわいい系」か、尊敬を好意に変えてもらえるような「アネゴ肌系」のどちらかのキャラを目指すと良いかも。

「俺より年上なんて思えないほどかわいいなぁ……」と思ってもらえれば「守ってあげたい」と思ってもらえる可能性は上がるはず。
ただし”痛い女性”にならないように注意しなければなりません。

また尊敬できるような「年上アネゴ肌女性」って、人生においてあまり出くわさないもの。
そのため年齢関係なく「こんな人とはもう二度と出会えない」と思ってもらえ、そのまま交際に発展できるようです。

おわりに

年下男性と付き合いたいと思っている人がいたら、まず相手のタイプを見極める必要があります。
その上で、適度に自分のキャラを上手に作ってみてくださいね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)