男性の愚痴や嘆きとして、付き合い始めたら彼女が変わったというのはよく聞く話ですよね。

お互いさまな気もしますが、男性の心理的にはどのように変わったと思うのでしょうか?いくつかをまとめてみました。

■仕草や喋り方が変わった

好きな人といると、仕草や喋り方に似てくるという現象を知っていますか?シンクロニー現象なんて巷では呼びます。

真似しようと思っていなくても、好きな人に影響されて自然にそうなってしまうというもの。徐々に彼色に染まっていっている証拠かもしれませんね。

ただ、乱暴な言葉遣いや振る舞いが似てしまうのは考えものです。彼もその辺りに「女性らしさがなくなった」と感じているのかも。影響される良い面だけにしておいてくださいね。

■友達の彼と比較したがる

付き合う前はなかったであろう、友達の彼と比べる発言。彼が自分に振りむいてくれたことで安心したのか、ついつい本音が出てしまうのでしょう。

「○○ちゃん、彼からブランドの財布プレゼントされたんだって」なんて、遠回しに自分も欲しいアピールなどは男性をうんざりさせてしまいます。

比べられて喜ぶケースはまれだし、そもそも人と比べることは無意味です。幸せは他人と比べたり、計るものではありません。気遣いをしてくれなくなったと男性は残念に思っていますよ。

■セックスが野生的になった

付き合う前は照れや恥じらいがあって淡白な感じで、いかにも受け身な女性的なセックスだったのに、付き合いが進んだら…。奉仕型で野生的なセックスに度肝を抜かれた!という男性の意見があります。

きっと付き合ってからのセックスの方が彼女の素で、付き合う前は自分の性を隠していたのでしょう。こうした女性の性欲に関して、旺盛なほうが男性は嬉しいという声は多いですが、あまりにも激しいのは考えものかも。

■マニアックな趣味をさらけ出すようになった

付き合った途端に、今まで語ったことのない趣味の話を多弁に話す彼女。部屋に入ったら、ジャニーズアイドルのポスターや韓流俳優のグッズで埋め尽くされていて引いた…という男性もいます。

女性の中では、付き合ってからならマニアックな趣味や嗜好をカミングアウトしても大丈夫!と思っているのかも。

趣味も何もかも知っていて欲しいという気持ちは悪くありませんが、一般受けが厳しい彼が引いてしまうような趣味嗜好はゆっくりと感じさせて徐々に慣れさせるのがオススメです。

まとめ

人間、誰しもが相手によく思われたいという気持ちから、最初は猫をかぶりがち。お付き合い前の女性も彼に気に入られたいという一心で、本当の自分を偽っていることがあります。

それが付き合い始めて素を見せたら、「彼女が変わってしまった…」と言われる大きな要因です。できれば彼には受け入れて欲しいですよね。変わった!と思われる心理を確認して、変わったと思われないような素の出し方を研究してみてくださいね。(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)