話し合うカップル

嫉妬深い彼氏だと、何かと大変ですよね。

「この写真の男だれ!?」「昨日は誰と飲みに行ってたの!?」などなど、おちおちと遊んでもいられないですよね。

「でも嫉妬って愛情表現だからむげにはできない……」なんて困っていませんか?

今回は「男性が嫉妬する心理」から「彼氏からの嫉妬の上手な対処法」について紹介します!

嫉妬深い彼氏の心理とは?

嫉妬深い彼氏と「うまく付き合う」完全対応マニュアル

男性が嫉妬する原因は大きく分けると2つ。「独占欲によるもの」と「ネガティブ思考によるもの」があります。

この二つの心理を詳しく解説していきましょう。

独占欲からくる嫉妬

「独占欲」とは男性が本能的に持っている感情のひとつでもあるんです。

皆さん、こんな言葉を聞いたことありませんか?

「男は獲物を狩るハンター」まさしくそのハンターの本能が独占欲につながっているのです。

ここでいう「獲物」を「彼女」におきかえるととてもわかりやすいです。

「自分があれこれと苦労して勝ち取った獲物を、横取りされたくない!」

「競争に勝ち抜いたのは自分なのだから、触れていいのは自分だけだ!」という思いが独占欲となります。

「彼女=獲物」を他の人に奪われまいとして、彼女に近づいてくる男性に過敏に反応することが「嫉妬」になっているんですね。

>>【おすすめ記事】「え、なんで?」彼が恋人の周りの男友達に嫉妬する瞬間

ネガティブ思考からくる嫉妬

落ち込む彼氏

ネガティブな思考からくる嫉妬とは、自分に自信がなかったり、過去のトラウマからくる嫉妬のことです。

自分に自信がない彼氏だと「自分よりもカッコイイ男性が現れたらどうしよう」「アイツといると楽しそうだから、アイツのことが好きなのかも」なんて不安をいつも抱えています。

自分に自信がないから不安

その不安は、いくら彼女に「好き」だと言われてもぬぐうことはできません。自分に自信がないことで、彼女のことも信用できなくなってしまうのです。

自分以外の男と接触しなければ安心できる

そして、不安の根本的な原因である「他の男性との接触すること」「他の男に魅力的に見られること」をしないでほしいと願うようになります。

「俺以外の男としゃべるな」「男が見るからスカートをはくな」などの嫉妬には、自信がないことからくる不安を解消するものだったんですね。

裏切られたトラウマからの嫉妬

裏切られたトラウマからの嫉妬

また、彼が過去に女性に裏切られたことがトラウマになっている場合もネガティブ思考になり、嫉妬心が強くなります。

「過去に交際していた女性が浮気をしていた」「恋人を他の男性に取られた」など心に傷がある男性は女性不審に陥ってしまいがち。

どうしても彼女のことが心配で、すべてを把握しておきたいという気持ちにあらがえず、彼女の行動パターンや交友関係をすべて知っておかないと気が済まなくなってしまうのです。

好きだからこその嫉妬しちゃうんです。
>>【おすすめ記事】好きだからこその行動…男が好きな女性に見せる「嫉妬サイン」

嫉妬深い彼氏の特徴4つ

嫉妬深い彼氏の特徴4つ

嫉妬深い人には、やはり特徴があるんです。あなたの嫉妬深い彼氏はこれからあげる特徴に何個あてはまっているでしょうか。

嫉妬深い彼氏は彼女のことが大好き

彼女の事が大好きすぎて、嫉妬してしまう男性はとっても多いです。大好きだからこそ、絶対に人にとられたくないと思うのです。

ま彼女のことが大好きだから、彼女の素敵なところをたくさん知っていますよね。だからこそ「こんな素敵な女性誰もが狙っている!?」とゆう考えになってしまうんです。

そんな、彼女大好き彼氏さんにはいっぱい愛情表現してあげて、安心させてあげるのかいいですよ。

>>【合わせて読みたい】「彼女が好きで好きでたまらない!」彼女が大好きな男性の行動29選

恋愛の知識を無駄に知っている

恋愛の知識を無駄に知っている

男友達や、女友達から聞いた恋愛の知識を無駄にしってるがゆえに、変に嫉妬深くなってしまっている人がいます。

「友達が言ってたけど、メイクを変える変えるのは他の男ができたからだ!」などなど……「そんな身も蓋もない情報信じるなんて……」と思うことないですか。

少し素直すぎる彼には、優しく「そんなことないよ」と教えてあげるのがいいでしょう。

嫉妬深い彼氏はSNSに依存気味

普段からSNSを頻繁に使って、いろんな人と繋がっている人は、嫉妬深い人の特徴です。

なぜなら、SNSにかじりつき、浮気していないかチェックしている可能性があるからです。

SNSを頻繁に使っている嫉妬深い彼氏がいるときは、彼氏との写真をSNSに投稿してあげると、落ち着くことがあるので、ためしてみるのもいいかも。

自分をけなす口癖が多い

自分をけなす口癖が多い

「俺なんてどうせ……」「俺はかっこよくないから……」なんて、口癖が多いのも、嫉妬深い彼氏の特徴。

自分に自信がないからこその発言です。でも、そのネガティブな発言は「そんな自分と一緒にいてくれてありがとう」といった気持ちの裏返しです。

そんな嫉妬深い彼氏には「そんなことないよ」と言って安心させてあげるのがいいでしょう。

>>【人気な診断】彼の食事の仕方でわかる!?嫉妬深さ診断

彼氏が嫉妬したときにみせる行動

男性が嫉妬したときにみせる5つの行動

嫉妬するとあからさまに不機嫌になる

嫉妬深い彼氏は「自分は気分を害しているんだ」ということをアピールするために、あからさまに不機嫌そうな態度を取ります。

無口になる、ため息ばかり付く、何を話しかけても無視するなど。これは、嫉妬していることのアピールの場合もありますし、嫉妬している自分に対しての苛立ちの場合もあります。

嫉妬すると他の女性と変に仲良くする

他の女性と仲良くする

嫉妬深い彼氏は「相手も同じように嫉妬させてやろう」という対抗心から、他の女性と仲良くすることがあります。

彼女の目の前でわざと他の女性と親密な態度を取ってみたり「俺、前から○○ちゃんのことを可愛いと思ってたんだよね」と、わざと他の女性のことをほめたり。

いわば「俺はこんな苦しいんだぞ」と仕返ししたいという心理状態です。

嫉妬するとイライラして物や人に当たる

嫉妬するとイライラして物や人に当たる

嫉妬深い彼氏は、嫉妬すると物を投げたり、店員や通りすがりの人にイチャモンをつけたりなど、物や人に当たることで嫉妬からくるイライラを解消しようとします。

もちろん、彼女に喧嘩を吹っ掛ける場合もあります。

はじめは、嫉妬していることを認めたくなくて、嫉妬心を押し殺しますが、最終的に我慢していたイライラが爆発してしまうパターンが多く、手が付けられなくなることも……。

このようなタイプは、プライドの高い男性に多いのが特徴です。

嫉妬すると冷たく突き放してくる

嫉妬すると冷たく突き放してくる

嫉妬深い彼氏は、嫉妬をすると彼女を突き放すような冷たい態度をとってくることがあります。

「もう好きにしたらいいよ、知らない」「俺には関係ないじゃん」などと言って、ひとりでさっさと帰ってしまったり、何も言わずに電話を切ったりして、困らせることないですか?

この場合は、嫉妬心が強すぎて「もうどうでもいいや忘れよう」と半ばヤケクソになっていることが多いです。

嫉妬すると束縛が強くなる

嫉妬すると束縛が強くなる

イライラや不安などが起こる嫉妬心を早く消し去りたくて、嫉妬の原因を排除しようとします。

その結果、「他の男のLINEアドレスとメールアドレス全部消去して」「男がいる飲み会には参加しちゃだめ」「他の男が見るからミニスカート禁止」など、彼女を束縛するような言動に出てしまいます。

ときにはちょっとだけ彼に嫉妬してほしい。
>>【おすすめ記事】束縛ぎみな「かまってちゃんの彼」を納得させる方法

嫉妬深い彼氏の上手な対処方法5つ

嫉妬深い彼氏の上手な対処方法5つ

嫉妬深い彼氏にたしいてどうやって接すればいいのかわからなくなってきた……なんてことありませんか?

それでも大好きな彼氏と一緒にいたいという気持ちもあると、心がもたないですよね。

そこで、嫉妬深い彼氏のエピソードと一緒に対処方法を伝授すちゃいます!

嫉妬深い彼氏にはまず素直に謝る

「彼女が、会社の先輩のことを『仕事ができる』『センスがいい』とか、やたらとほめて来るときがあって。
そんなの聞いてて面白くないし、しつこいからだんだん腹が立って、返事をしなくしたんですよ。
すると彼女、俺の態度と表情をみて、素直に『ごめんなさい。私が同じように、他の女性のこと可愛いとか聞かされたらすごくヤダ。』って謝ってくれました。」(29歳男性/メーカー勤務)

「なんでそんなことで怒ってるの!?」と思うことでもまずは、彼氏を不愉快にさせてしまった軽率な言動を素直に謝りましょう。話しはそこからです。

また、謝るとき「私も同じことされたらイヤな気持ちになる」と、彼氏の嫉妬心に共感してあげることがポイントです。

謝った後に「嫉妬するポイントがわからなかった」「嫌だと思わなかった」と自分の意見も伝えることはいいでしょう。

その際はケンカが再熱しないように配慮しながらですよ!

嫉妬彼氏は「愛情を伝える」と落ち着く

嫉妬彼氏は「愛情を伝える」と落ち着く

「もともと嫉妬深い僕。彼女は男友達が多い方なので、いつもモヤモヤしてて、男の名前が出るたびに不機嫌になってたんです。
するとある日、彼女が『なんで私のこと信じてくれないの?私が大好きなのは君だけなんだよ。君以外カッコイイなんて思ったことないよ』って言ってくれました。
これで嫉妬心がなくなった、というわけではないけれど、ほんのすこし自分に自信がもてるようになりました」(30歳男性/SE)

彼氏にちゃんと愛を伝えたり愛情表現をしたりして、彼氏を安心させてあげましょう。

嫉妬深い彼氏は、彼女が大好きだけど「本当に愛されているの」という不安から、嫉妬の行動につながってしまうのです。

「大好きだよ」「愛しているよ」という言葉や気持ちの安心感は自信にも繋がり、嫉妬心も軽減させてくれます。

怒るべきときは怒らないといけない

怒るべきときは怒らないといけない

「俺、トラウマもあって『携帯の男のアドレス全部消せ』って言ったことがあるんです。
そしたら、いつも穏やかな彼女が毅然とした態度で『そんなに私のことが信じられないの?大好きな人に信じてもらえずに、付き合っている悲しさがあなたにはわかる?』
と涙ながらに訴えられて。それで目が覚めました。正直今も嫉妬はしてますが、信じてあげれるようにしています。」(27歳/商社勤務))

行き過ぎた嫉妬には、喝を入れることも必要です。

その場しのぎで相手の言い分を聞いていたら、どんどん束縛がエスカレートしてしまいます。自分も気持ちを溜め込まずに、言うことも大切です。

しかし、やはりケンカになりたくないと甘やかしてしまう女性が多いのも事実です。

勇気を振り絞って、彼氏に毅然とした態度で接してみましょう。この行動は彼との関係を一歩進展させることにもつながってきます。

>>【合わせて読みたい記事】彼氏と喧嘩したあとに上手に仲直りする3つの秘訣

嫉妬深い彼氏とは落ち着いて話し合う

嫉妬深い彼氏とは落ち着いて話し合う

「もともと彼女が男友達と2人で遊びに行ったりするのが気に入らなかったんです。
そしたら彼女『男友達と旅行に行く』と言い出して、さすがに怒りました!
彼女と話てみると、男友達と遊ぶことに嫉妬してると思っていなかったみたい。
すると彼女『これからもずっとあなたの彼女でいたいから、私のいけないところ全部教えて』って。
伝えることでなんだかすっきりしたし、彼女も2人きりで遊んだりするのを控えてくれるように」(27歳/営業)

彼氏が嫉妬した理由にきちんと、耳を傾けてあげましょう。彼氏が嫉妬するのには、理由や原因がかならずあります。

「そんなことで……」「ネガティブすぎる!」なんて理由かもしれませんが、きちんと耳を傾けてきいてあげて、受け止めてあげるのが大事です。

なぁなぁで済ますのではなく、これを機会にお互いの胸の内をしっかり話し合ってみましょう。2人の絆が更にふかまるきっかけにもなります。

嫉妬深い彼氏の妥協点を見つける

嫉妬深い彼氏の妥協点を見つける

「彼女が男友達と2人で飲みに行くっていうから、ダメ!って言ったんです。すると彼女が『なんで?』って言ってきました。
ケンカになりそうだったのですが、彼女から『どこまではよくて、どこまではダメかをきめよう』と提案され2人で決めました。
ルールを決めることで、だいぶ気持ちが楽になりました」(27歳/不動産会社勤務)

嫉妬が引き金となるイザコザを何度も繰り返さないためにも、お互いが納得できる落としどころをつけておくことも有効です。

例えば「男友達と遊びに行くときは、途中で必ずLINEを入れる」「男性がいる飲み会では、途中と帰りに電話をする」など。

窮屈にならないけど、安心できるルールを決めてみましょう。大切なのはお互いが満足できる結果となるようにすることです。

>>【おすすめ記事】嫉妬深い彼氏の「嫌がらせ」に気持ちを落ち着かせる方法

嫉妬深い彼氏に絶対やってはいけないこと

嫉妬深い彼氏に絶対やってはいけないこと

嫉妬深い彼氏は、とっても繊細な人が多いです。そこで、嫉妬深い彼氏に絶対やってはいけないことを紹介していきます。

この行動は絶対にやめてあげて!

嫉妬深い彼氏を放っておく

彼氏の嫉妬が面倒くさいからと言って、話しもきかずに放置するのはやめましょう。

その場は一見収まったように見えても、彼氏の不信感はどんどんと蓄積されていってしまうからです。

いつか突然に「あのときも、このときも!」などと大爆発を起こしてしまうことがあります。そうならないように、一つ一つの問題をその時に収めておきましょう。

彼氏をバカにしたり、けなしたりする

彼氏をバカにしたり、けなしたりする

「何怒ってんの?バカみたい」「ヤキモチやくなんて、子どもみたい」などとバカにするは厳禁。

嫉妬深い彼氏は「嫉妬している自分」に対して苛立ちを覚えていることが多く「そんなこと言われなくてもわかっているよ!」と怒らせてしまう原因に。

その上、彼氏のプライドを傷つけるような言動をしてしまったら、彼氏の心に深い傷がついてしまいかねません。

>>【人気な記事】血液型別・彼が密かに「嫉妬」していることって?

嫉妬深い彼氏に対して逆ギレする

嫉妬深い彼氏に対して逆ギレする

「そんなことで?」と腹立たしい気持ちはよくわかりますが、だからといってこっちもムキになって怒り狂うのはNG。

嫉妬には「言い分がある際は冷静に」が鉄則です。

売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまうと、お互いに意地になってしまってイザコザが長期化してしまう恐れがあります。

嫉妬にたいしてヤケになる

嫉妬にたいしてヤケになる

彼氏からの嫉妬に「もうつかれたよ」「もう好きにしてよ」とヤケになってはいけません。

彼氏の嫉妬にカッとなって「もう別れる」と口走り……ふと冷静になって後悔しても時すでに遅し。

取り返しのつかない結果になっていることも少なくありません。

彼氏が絶対に嫉妬する女性の行動【危険度別】

男性が絶対に嫉妬する行動7選

「これは絶対に男性が嫉妬する!」という行動を危険度別に分けてご紹介します。

危険度★☆☆☆☆ 他の男性を褒める

自分の好きな人が他の男性を褒めるのも、男性にとっては面白くないです。

共通の知人や友人だけでなく「俳優の○○くんかっこいい!」や「スポーツ選手って素敵」なども嫌な人は嫌みたい。

自分と比べられているような気持ちになってしまい、プライドが傷つけられてしまうのです。

危険度★★☆☆☆ 他の男性を呼び捨てにする

彼氏のことは「○○くん」とか「○○さん」と呼んでいるのに、男友達のことを呼び捨てにする。

これは彼氏にとって面白くないことのひとつ。「なんでアイツのことを呼び捨てにしているんだ?それだけ親密な仲ってことなんじゃないのか?」と変に色々勘繰ってしまって心中穏やかではなくなってしまいます。

危険度★★★☆☆ 他の男性とLINEでやり取り

グループトークならともかく、個別トークで他の男性とLINEでやり取りされるのも男性にとってはイヤなもの。

とくに、デート中に他の男性とLINEされるともうダメ。「そんなにそいつと話したいんならそいつとデートすればいいじゃん!」と投げやりな気持ちになってしまいます。

危険度★★★☆☆ 男性がいる飲み会に参加する

彼女が男性もいる飲み会に参加する、と聞いたときの男性は、

「シラフの場ならまだしも、お酒を飲んで酔っ払ってしまって間違いがあったらどうしよう……」
「お酒が入った男性に口説かれてその気になってしまったらどうしよう……」

などなど、彼女を心配する気持ちが嫉妬へとつながってしまうのです。

危険度★★★★☆ 元カレの持ち物を大切に取っているとき

「元カレのモノをまだ持ってるって、未練がある証拠じゃないのか?」
「実はまだ忘れられていないんじゃないか?」

元カレからの手紙やツーショットの写真、プレゼントを処分せずに持っていることが発覚した時など、男性は不安から嫉妬の気持ちに駆られます。

>>【おすすめ記事】彼の「元カレへの嫉妬心」をおさえる上手な方法

危険度★★★★★ 他の男性にボディタッチが多い

やたら楽しそうに肩をたたいたり、他の男性の腕に手を回したり、他の男性と話をしているときに、やけにボディタッチをする。

これも男性の嫉妬に火をつける行動です。そもそも男性にとって、体に触れるのは親しみを表す行動。むやみやたらに周りの異性にするものではないのです。

危険度★★★★★ 他の男性と2人で遊びに行く

いくら友達だからと言っても、彼女が他の男性と2人きりで遊びに行くことをよしとする男性はいません。

これが昼間ならまだしも「2人きりで夜に会う」「2人きりでお酒を飲む」となると言語道断。

平気で他の男性と遊びに行く、彼女の貞操観念も疑い始めてしまうでしょう。

嫉妬深い彼氏に注意したほうがいいこと

嫉妬深い彼氏に注意したほうがいいこと

嫉妬深い彼氏は、とても愛情深くて彼女が大好きなのが特徴のため「迷惑でも見捨てられない」「私がいないとだめね」とのめり込んでします女性もいると思います。

しかし、もし今から紹介することがある彼氏には注意が必要ですよ!

彼氏と嫉妬にまつわるケンカが多すぎ

彼氏と嫉妬にまつわるケンカが多すぎ

彼氏と嫉妬にまつわるケンカが週に1回よりも多い場合は、少し以上だと考えたほうがいいでしょう。

改善案をためしても、彼氏の嫉妬がどうにもならない場合は、彼氏の考え方に問題があるかも。

すぐに別れろとは言いませんが、話しあいが必要でしょう。

「なおしてほしい」ところが一向になおらない

「なおしてほしい」ところが一向になおらない

「自分は、彼氏のために改善しているのに、一向に彼からの嫉妬がひどい」なんてときも注意が必要。

このパターンは、女性のほうがストレスで病んでしまいかねません。

こちらも、話し合いでどうにもならない場合は、少しずつ距離をおくのがいいでしょう。

嫉妬からのケンカで暴力をふるう

嫉妬からのケンカで暴力をふるう

嫉妬からのケンカで暴力をふるってくる彼氏はもう論外です。別れましょう。

理由があったとしても、女性に手をあげるなんてありえません。

でも、嫉妬深い彼氏は彼女に手を上げることになってしまうことが多いです。なぜなら、自分の気持ちをうまくコントロールできていないから過度な嫉妬心がでてしまうからです。

全員がそうではありませんが、傾向が強いため、もし彼氏かた暴力をふるわれた場合は、よく考えましょう。

>>【おすすめのサービス】愛カツ恋愛相談サービス「暴力をふるう彼氏の相談えおする」

嫉妬深い彼氏はあなたのことが大好き

嫉妬深い彼氏はあなたのことが大好き

正直面倒くさいなぁ……と思ってしまいがちな彼氏の嫉妬。

でも、想像してみてください。彼氏があなたに全く嫉妬しなかったら……どう思いますか?

寂しくなったり不安になったりしませんか?嫉妬は愛情のバロメーターなんです。

嫉妬深い彼氏はあなたのことをとっても愛しているんですよ♡

この記事で学べたことを活かして、素敵な恋愛を楽しんでくださいね。

彼氏嫉妬の他の記事も読んでみよう!

彼氏嫉妬の他の記事も読んでみよう!

●男性が嫉妬するタイミングって?

●彼を適度に「嫉妬させる」3つのテクニック

●彼を嫉妬させたいときにしたいおススメの仕草3つ

●俺のことも見てよ!彼女に「嫉妬してほしいとき」にみせるサイン

●嫉妬心を煽る!エッチのマンネリを打破する3つの方法

●男性に聞いた!あり・なし「かまってちゃん」の違い

●年下男子もヤキモチ焼くよ!「年上彼女に嫉妬する瞬間」とは

●「元カノのことを忘れられない彼」を持つ女性がすべき3つの心遣い

●邪魔はさせない!恋活の前に覚えておきたい「女の嫉妬」をかわすテク

●本命のサイン!彼が本気の相手にだけみせる嫉妬行動

●マイナス効果しかない…男が本気でイライラする「鬱陶しい嫉妬」

●一発アウト!彼とケンカしても「絶対に言ってはいけない」3つのこと

●彼にイラッとしたときは…ケンカしないための不満の伝え方3つ