毎日会える環境でもない限り、LINEは恋のマストアイテム。

でも、知り合った頃は頻繁にやり取りしてたのに、最近は返信が遅い!場合によっては返信すらない……なんてことはありませんか?

ある種のLINEは男性に面倒臭さを感じさせ、通知に気づいただけで憂鬱になってしまうことも。「これはウザいな」と思われがちな女子のLINEの特徴はこれ!

メルマガ「わたし通信」

女子はコミュニケーションの回数で気持ちを測ってしまいがち。彼からLINEがくれば、それだけ彼は私のことを考えてくれているんだ!と思える人は多いのではないでしょうか?

だからって、細かく連絡するのが愛情表現!とばかりに、用もないのに日記のようなLINEを送りがちな人は要注意。

「今日は〜をしたよ」「今日はこんなことがあったよ」のように一日の行動を報告するだけの文面は女子同士なら「へー!」で済みますが、相手が男性だと「話にオチがない……つまり何が言いたいんだ?」と思われてしまうかも。

一方的すぎて「メルマガかよ」と思われないように!

「何してるの?」

「何してるの?」というLINEに「今は○○してるよ」とウキウキ返信したくなるのは、彼が自分にべた惚れ、もしくは付き合いたての何をしても楽しい時期くらい。

それ以外の女子からの「何してるの?」からは、「ヒマ」「かまってほしい」という空気しか感じられません。

「コミュニケーションとして、相手の話を聞くつもりで送ってるよ!」という人もいるかも知れませんが、「何してるの?」と聞かれても「家でゴロゴロしてる」「友達と飲んでて忙しい」など、なかなかありのままを返信しづらいケースもあります。

答えようによっては容赦なく、とりとめのないやりとりが続きそう。かといってウソもつきたくない……。

こんな面倒臭さを感じさせると、LINEのやり取り自体にストレスを感じさせてしまいかねません。

「読んだら返事できるよね」

既読がわかるとはいえ、「既読にできるなら返事だってできるでしょ?」「食事のときや仕事の合間にちょっと返事してくれたっていいのに」などと要求するのはNG。

「読んだ=必ず返信できる」ではありません。返信内容を考えていてサクッと返事が書けない、休憩はあるけど頭が仕事モードだから返信できない、など、男性には少しの返信もハードルが高いこともあるのです。

女子からしたら「なんで?」と思うでしょうが、24時間以内に返信があるなら、返信の遅さを責めるのは逆効果。

「何に対して返信すればよいのか」「いつまでに返事が欲しいのか」など、相手が何を要求されているか悩まなくていいような文面を考えるようにするだけで、返信が早くなるケースもあります。

連絡が来ないからと、LINEにどうでもいいスタンプを送り、既読になった瞬間に電話するという強引なタイプもたまにいますが、重さと怖さしか感じないので冷静になりたいものです。

LINE<会うです!

LINEは、何となくつながることが目的ではありません。

毎日LINEするけど、デートのデの字もない2人と、普段は何もないけど、連絡が来る時はデートの約束をする2人。恋が進むのはどっちでしょう?

LINEだけで関係が深まることはほぼありません。メリハリをつけて送ってみては?(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)