2018.7.10

何かと彼氏に対してお世話をしたり、心配しちゃう女子っていますよね。

そんな女子ほど「つい、彼の行動が気になってしまう……」や「心配で、彼のことを詮索してしまうのがクセ……」などの理由から、本人も気が付かないうちに、彼氏に対してお母さんのような行動を取っているかもしれません。

「お母さんかよ!」と突っ込みたくなるような“男子がウンザリする心配性な彼女の行動”を3つご紹介いたします!

■1:常に「大丈夫?」と聞いてくる

仕事がいつも「忙しい」と言っている彼。寝る時間が少ない、ご飯もろくに食べていないなどと聞くと、心配になってきますよね。彼女としては、心配する気持ちになるのは当然です。

しかしそんなときに、いつも「大丈夫?」「疲れてない?」など、口グセのように彼に向けて心配する言葉を使っていたらNG。

一見優しい言葉をかけているように思いますが、何度も言われると「俺ってそんなに心配される存在なのか」「頑張っているんだから、放っておいてくれ!」と思われてしまうことも。

あまりにもしつこいと、息子が心配なお母さんと同じです!

■2:○○してね!と行動を監視してくる

彼の行動が気になる人によくありがちなのが「仕事から帰ったら、絶対に連絡してね!」「友達との予定が入ったら、必ず教えて!」といちいち彼の行動を報告するように言ってしまうこと。

最初は優しさできちんと答えてくれていた彼も、毎回だと「何でオレの行動を全部報告しないといけないんだよ!」と、保護者に監視されているような気持ちになって、逃げたくなりがち。程よく放っておいてあげることも、彼への優しさです。

■3:私がいないとダメなんだから的な雰囲気を出してくる

また、典型的な彼氏へのウンザリな行動は、何でもかんでも彼のことをしてあげて、やってあげていることをアピールすること!そして更に「私がいないとあなたはダメね」的な雰囲気を出してしまうと、もはやアウトです。

まるで、子供に何でもかんでもやってあげちゃう過保護な親状態で、彼も「別に頼んでもいないのに、勝手にやってもらってもウザイ!」となってしまいやすいです。

彼にとって良かれと思ってやっている行動も、度がすぎてくると、お母さんのように感じられるというわけ。

男性は、女性にとって頼りになる存在でいたいもの。彼女がお母さん役をやってしまうと、どんどんテンションが下がり彼女に対して何もしなくなったり、他の子に目移りしてしまう可能性も大です!

しまいには「オレは母親と付き合ってるんじゃない!」と別れを切り出されるかもしれません。

ドキッとした人は、お母さんに近づいているかも!?彼への行動を考え直してみてもいいのかも。(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)