理想の彼氏

女性ならだれもが「付き合うならこんな彼氏がいいな」と理想の彼氏像を持っていますよね。

「カッコイイ」「頭がいい」「優しい」「リッチ」……。人によって求めるものはそれぞれ。

どうせなら、誰に紹介しても「素敵な彼氏ね」って思ってもらえるような、そんな彼氏がほしい! と思うのが女ゴコロですよね。

果たして、世間の女性が「これぞ理想の彼氏!」と太鼓判を押すのはどんな男性なのか……。

そこで今回は「理想の彼氏」について、解説していきます。

理想の彼氏

理想の彼氏とはいったいどんな男性?

理想の彼氏とはいったいどんな男性

まずは、ほぼ全員に共通と言っても過言ではない、理想の彼氏の絶対条件から見てみましょう。

条件その1:浮気をしない

浮気をする男は、言語道断。浮気をしないことは絶対かつ必要最低限の条件です。

ここで、問題となるのが浮気の定義。果たして、身体の関係をもつとNGなのか、女の子とふたりだけで出かけるとNGなのか。それは人それぞれですが、要は「誠実にお付き合いをしてくれること」というのがポイントです。

条件その2:束縛しない

こちらの行動を制限しない、交友関係に口出ししないこと。適度な嫉妬は可愛いし、愛を感じるけれど行き過ぎた束縛は絶対NG。

それに「そんなに私のことが信用できないのかな」と不快に思ってしまいます。いつでも彼女のことを信頼して、どっしりと構えている、そんな器の広い男性が理想ですよね。

束縛しない

条件その3:頼りになる

困ったことがあったときにすぐ助けてくれる、悩み事や心配事に的確で心強いアドバイスをくれる。女性は愛する男性に頼りたい、助けてもらいたいもの。ピンチに陥ったときに一緒になってオロオロする、なんとなく頼りにならない、そんな男は論外。彼氏には、「男らしさ」を見せてほしいと思っているのです。

条件その4:一般常識がある

ゴミをポイ捨てしない、店員さんに偉そうな態度を取らない、社会のルールを守る、など一般常識を持っている男性であることも絶対条件。周りの人がまゆをひそめるような行動をする男性となんて、1秒だって一緒にいたくないもの。スマートなふるまいができる男性こそ、理想の彼氏に欠かせない条件のひとつなのです。

「私が好きなタイプの男性には、どこに行ったら出会えますか?」そんな女性に向けて、すぐに実践できる方法を紹介した記事はこちら。
>理想の男性に出会う方法とは?

理想の彼氏に求める見た目の4箇条

理想の彼氏に求める見た目

理想の彼氏に欠かせないのがルックス。女性が「これだけは譲れない!」と思っている条件を4つご紹介しましょう。

条件その1:顔が好み

理想と言うからには、顔が自分好みであることが大切。「毎日見ていたくなるような顔」「何度見てもウットリしてしまうような顔」の持ち主と付き合いたい!と思っている女性は多いでしょう。

「好みの顔」とひとくちに言っても、「山崎賢人みたいな顔がいい」と具体例を挙げる人もいれば、「目元が涼しげな人」「唇が薄い人」などポイントを重視する人など、好みの顔の条件は様々あります。

条件その2:身長がある程度ある

やはり自分よりも彼氏の方が身長が高い方がいい、と思うのがオトメゴコロ。特に、デートのときにはちょっぴり高めのヒールをはいて女度を上げたいもの。

「ヒールをはいたら彼を見下ろすことになってしまうから、デートのときはぺたんこ靴ばかり……」なんて事態は避けたいものなのです。

条件その3:清潔感がある

断言します。女性にとって不潔な男性なんて論外恋愛対象圏外です。

鼻毛が出ている、肩にフケがのっている、髪の毛がべたついている、爪を切っていない……などなど。女性は結構細かいところまでチェックしています。ほんの少しでも「あ、汚い、無理」と思ったら、もう嫌悪感しか抱けなくなってしまいます。

条件その4:体型が理想的である

自分の好みの体型であること。これも必要な条件のひとつなのです。

人それぞれ、細かい好みがあるとは思いますが「細身で少し筋肉がある人」が人気ですよね。最近だとガリガリと細いだけの人より「筋肉がある人」が人気みたいです。

理想の彼氏に求める性格の4箇条

理想の彼氏に求める性格

外見も大切だけど、それ以上にハートが大切。女性が理想の彼氏に求めるもの、性格編をご紹介しましょう。

条件その1:優しい性格である

もはや鉄板ともいえる条件、それが「優しい性格である」ということ。彼女に対して優しいのはもちろんのこと、電車でお年寄りに席を譲ってあげる、動物を可愛がる、なども重要なポイント。ただ、誰にでも優しい男性は考えもの。彼女以外の女性にも分け隔てなく優しい……なんてことになると、いらぬトラブルの原因になることもあるのでNG。

条件その2:楽しい性格である

一緒に居て楽しいこと、これも女性が彼氏に求める条件のひとつ。どこへいっても仏頂面、話しかけても愛想のない返事。そんな男性は友達でも嫌ですよね。何もいつも彼女を笑わせなければいけない、というわけではありません。会話が尽きない、色々なところへ連れて行ってくれる、突然のハプニングも楽しめる……。それでじゅうぶんなのです。

条件その3:頭がいい尊敬できる

頭がいい、尊敬できる

頭がいい、リスペクトできるところがある、これも大切な条件。何も学歴にこだわる、という意味ではありません。会話がスマートだったり知識が豊富だったり。女性は何かひとつでも「すごいな」と思えるところがある男性と交際したいと思っているのです。

条件その4:価値観が一緒

好きだと思えることや大切にしたいことが一緒であることはとても重要です。お互いの気持ちを汲み取ることができる「価値観が合う」のは、長く付き合っていくために必要なこと。お互いの気持ちを尊重できる関係って、イコールお互いのことを尊敬できる関係と言うこと。女性は、互いの気持ちをわかりあえるような関係性を築きたい、と思っているのです。

理想の彼氏に求める「アレ」のサイズとは?

理想の彼氏に求める「アレ」のサイズとは

さて、外見や性格もさることながら、男性が一番気になることと言えば、ズバリ、アレのサイズなのではないでしょうか。

愛カツでは、女性読者に「理想的な男性のアレのサイズ、日用品に例えるとどれ?」とアンケートをとりました。

理想のサイズはトイレットペーパーの芯!

結果は、トイレットペーパーの芯くらいの大きさが理想と回答する女性が多かったです。

ちなみに、トイレットペーパーの芯は、直径約3.8センチ。「え?結構大きめを求めてない?」と思う男性がほとんどなのではないでしょうか。

そうなんです。女性は、男性のアレのサイズには、ある程度の太さを求めている、というのが現実なのです。

もちろん通常時のサイズではなく、興奮時のサイズですので、悪しからず。

理想のサイズはトイレットペーパーの芯

液体のりが人気なのはなぜ?

以外にも多かったのが液体のりサイズ、と答えた女性。結構控えめサイズが理想、という女性も多いのが現実なのです。

アレのサイズは、ただ大きければ大きいほどいい、というわけではありません。あまりに大きすぎちゃうと痛いと感じる女性も多いのです。

ワンナイトなど、行きずりの関係であれば、大きいサイズの男性と楽しみたい、という女性も多いかもしれません。しかし、安定した関係のパートナーには、さほどビッグサイズは望まない、という女性が多いのかもしれませんね。

恋愛カウンセラーが「理想の彼を見つける方法」特に初歩的なものを2つご紹介している記事はこちらです。
>すぐにできる!理想の彼を見つけるための2ステップ

少数派の理想の彼氏像3つ

少数派の理想の彼氏像

広い世の中、いわゆる「少数派」と呼ばれる部類に属する女性もたくさんいます。彼女たちは、一般女性の「理想の彼氏像」とは少々かけ離れた理想像を持っています。ここでは、少数派の理想の彼氏像を持つ3人の女性にインタビューしてみました。

1.ぽっちゃりした人が好きなMさん(24歳/会社受付)

「昔からぽっちゃりした男性が好きなんです。芸能人で言うと、最近大好きなのがタイムマシーン3号の関太さん。メガネかけている方です。あの人、すごくタイプですね。」

―ポッチャリ好きの理由は?

「昔から、ご飯を美味しそうに食べる人が好きだったんです。石塚武彦さんとか。ご飯を美味しそうに食べてる人を見ると、すごく幸せな気持ちになるし、笑顔になれる。自分自身も料理が趣味だから、私の作ったご飯を、美味しく食べてくれる人と付き合いたいなって。そうすると、自然とぽっちゃりの人ばっかり好きになるようになって」

―他に魅かれる点はありますか?
「一緒にいて安心できます。ほっと安らぐし、ギュッとされると柔らかくてとっても気持ちいい。それに、穏やかでおおらかな人が多いですよね。平和なお付き合いができます。ぽっちゃりの男性って、ほんとメリットばっかり」

2.中性的な男性が好きなCさん(26歳/会社員)

中性的な男性が好き

「あんまり男!って感じの人は……。男性に対して恐怖心……とまではいかないんですが、ちょっと苦手意識があるんです。その点、どことなく中性的な人ならそこまで『怖い』って感じもなく話せるんですよね。小池徹平とか千葉雄大とか、いいなって思います」

―中性的な男性の魅力って?
「男性って威圧感を感じさせる話し方する人が多いですよね。声が大きかったり、乱暴な言葉を使ったり。そうなると、もうビクッっとしちゃうんです。その点、中性的な男性なら、ソフトな話し方だし、物腰も柔らかい。だから、男性っていうのを意識せずにお付き合いできるんです。でも、フとしたときに『あ、男だな』っていうのは感じる。それがまたドキドキすると言うか」

―どんな付き合い方が理想ですか?
「友達感覚で付き合いたいな、って思います。『俺についてこい!』っていうのは苦手だなぁ。一緒に買い物行ったり、ファッションの情報交換をしたり。あまり、男を意識していたくないです」

3.オタク系が好きなAさん(26歳/公務員)

「私の理想のタイプは、ちょっと不器用な感じの人。メガネをかけてて、髪はボサボサで、服装とか無頓着な人。友達に言ったら『オタク好きじゃん』なんて言われちゃうんですけどね(笑)あながち間違ってないですよ。六角精児さんとか大好き!」

―どこに魅かれますか?
「私、不器用な人が好きなんです。母性本能をくすぐられると言うか、私がなんとかしてあげたくなる、というか。オタク系の人って、人と話したりするのが苦手だったり、人付き合いが不器用だったりするじゃないですか?でも、そのぶん裏表がなくて、自分に正直、そして誠実だと思うんです。そこが愛おしいんです」

―今まで付き合った人はみんなオタク系?
「割とそうですね。一度、イケメンと付き合ったけど、見た目ばっかり気にしてて、会話も薄っぺらくてすぐに飽きちゃった(笑)オタク系の人は知識も豊富だし。話してて楽しい。やっぱりそういう人が一番です」

結局理想の彼氏とは…?

結局理想は人それぞれ

女性が理想とする彼氏像、結局は人それぞれなのかもしれませんね。

「好きになった人が理想」というのも良く聞く話。でも、人間として尊敬できる人でる、ということは共通しているようです。

外見を磨くのも大切ですが、内面をしっかりと磨くことも忘れずにいたいものですね。

(愛カツ編集部)