男性が「女性にされると苦手な話題」とは?

実は女性と男性でそれぞれ苦手な話題が違うってご存知ですか?

女性同士では普段気軽に話しているような話題でも、男性にとってはつまらなかったり悪い印象を抱いてしまったり…なんてことがあるんです。

男性が苦手な話題を押さえておかないと、知らず知らずのうちに好感度が下がってしまうかも知れません。

ということで今回は、ほとんどの男性が苦手な話題について紹介します。

男性が「女性にされると苦手な話題」とは?

友達の愚痴

女性同士が集まると、その場にいない人の愚痴大会が始まることがたまにありますよね。

度が過ぎると同じ女性から見てもあまり良い気分にはなりませんが、男性からすると非常に嫌悪感を抱いてしまうみたいです。

周りに良い印象を与えない上に、愚痴を話しているだけでは物事が解決しないので、正々堂々と本人に自分の考えを告げたりなにか解決の糸口を探して努力するという方向にシフトした方が良さそうですね。

前の恋愛の話

男性は自己開示を苦手とする人が多いため、過去の恋愛の話や元カノの話などをあまりしたがりません。

飲み会の席などで男性側から積極的に話してくる場合は大丈夫ですが、普段あまりにもしつこく聞かれたり、その場にいる人にバラされてしまったりするととっても嫌な気持ちになってしまいます。

過去の恋愛話は男性にとって非常にデリケートな部分になるので、むやみに詮索しないように気を付けましょう!

お金の話

男性にとって「お金」とは非常にシビアな話題です。なぜなら、いずれ結婚をして家族を養うというライフプランをほとんどの男性が意識しているから。

それに収入や貯金というのは単純にステータスにもなってきます。そういったシビアな部分は、自分の中だけで管理したり考えたりしたいのが男性です。

どんなに気になったとしても年収や貯金額についての話題は避けた方が無難です。

自分の不幸話し

「学生時代いじめられていた」「家が貧乏で大変」などなど、お付き合いしていく中で、自分を知ってほしいということで話すことはいいと思います。

しかし、まだそんなに仲良くなってないのに、こういった自分の不幸話しをされても男性は困ってしまうだけです。

タイミングを間違えないようにしましょうね。

おわりに

いかがでしたか?

男性が苦手とする話題、なんとなくイメージは付きましたか?

女性同士やとても仲の良い友人同士だとついつい暴露大会が始まってしまったり、ここに書いた話題なども抵抗なくできてしまうようなこともありますが、男性は意外とデリケートな生き物です。

なので、まだ完全に心を許し合っていない男性との場では上記の話題は避けておくのが無難です。

もし相手の過去の恋愛の話やお金の部分についてどうしても気になる場合は、彼と仲の良い友人等に聞いて探るか、彼が話してくれるようになるまで仲良くなることを目指しましょう。

(愛カツ編集部)