女として見てもらう

「同じ職場で4年間、友だち関係を続けている人のことを好きになりました。長い間、友だち関係の人に恋愛対象として見てもらうにはどうしたらいいですか?」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

女として見てもらう

男子は「告白されたがっている」という事実

もっともロマンティックな方法は「好きです」と、あなたが彼に言うことです。なぜこの方法がもっともロマンティックなのか?

男子は一般的に、長く一緒にいる女子から告白されたいと思っているからです。だからマンガやテレビドラマなどでは、告白を待ち、告白されたことにすごく舞い上がる男が出てきます。

メディアって、人々の気持ちの最大公約数をとるのです。

でもまぁ、いきなり告白しちゃえば、翌日から彼と気まずくなったり……なにかとそういう「恐れ」のようなものをあなたは予測できる人だから、いきなり告白という選択肢を採用しないのですよね?

でも、それをやってみるといいです。

「止める」から「終わってしまう」

人間関係って、そこで「止める」から終わってしまいます。

たとえば金を借りたまま返さないと、その人間関係はあっけなく終わります。

でも「今は全額返せないけど、月に1000円なら返せるから、それでお願い」と言えば、その関係は続きますよね。それと同じです。

友だち以上恋人未満のような関係で「告白したら気まずくなるかも」と思って、そこで関係を「止めて」しまうとそれで終わりです。

あるいは意を決して告白して気まずくなって、それをどうすることもできない、というのも「止める」ことですから、そこでふたりの関係は終わりです。

そういう人が多いから「気まずくなったら終わってしまう、ゆえに友だちの男子には告白しない」と考える女子がたくさんいます。

ちがうんですよね。

気まずくなっても「一緒に帰ろうよ」と誘うとか「わたしの告白、イヤだった?」と聞くことで、ふたりの関係はふたたび回り始めるのです。

彼に緊張感を与えることです

友だちの男子に告白したら気まずくなって関係が終わってしまう、とだけしか考えらえないというのは50点。

そのあと、ちゃんと「気持ちが循環する」なんらかのアクションを起こすことです。

アクションを起こそうと思えば、勇気がいるかもしれません。でも人生はときに、勇気をもって行動しないと、どうにもならないようにできています。

たとえば告白したあとに、色気のある洋服で彼に会う、というのができるのであれば、そうすればいいです。

色気のある洋服というのは、彼に緊張感を与えます。あなたが告白してしまったことに緊張しているだけでは、なんにも話が始まりません。彼にも緊張感を与えるのです。

「今日からは、これまでのわたしではないのです。新しい『女としてのわたし』を、あなたはちゃんと認識してください」という感じで、彼にも緊張感を与えるのです。

そうやって、これまで高校生のようだったふたりの関係に緊張感を持たせるから、友だちだった男子と恋人になれるのです。

こういうことを、もっとも簡単にやってのける女子たちは、単純に告白と「寝ること」がセットになっています。彼女たちの行動はすごく単純ですが、あなたが学ぶべき示唆に富んでいます。

気持ちを循環させることと、相手に緊張感を与えるという、少々むずかしい概念を、彼女たちは生まれつきカラダで知っているのです。

(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)