イケメンが選ぶ

男性があげる「好きなタイプの女性」は決まったタイプになりがち。

あなたの周りのイケメンも毎回似たようなタイプと付き合っていませんか?でも、そんなイケメンたちが意外な人を本命に選ぶことがあります。

イケメンが選ぶ

美人じゃない・彼より年上など、それまでと全然タイプと違う女を選んだ決め手はいったいなに?

私といれば幸せだよ!「押しのうまい女」

「年下の可愛い系ばかりを恋人にしてきた男友達が、今ベタ惚れなのがしっかり者の年上の女性。可愛い系の彼女の結婚願望を無視し続けていたら振られてしまい、その失恋の直後に合コンで出会ったのだそう。

甘えたり頼ったりしてくる今までの年下女子たちと違って、デートを仕切ってくれたり、誕生日にはサプライズで飛行機に乗せられ北海道に連れて行かれたりと、かなり男前なことをするのに『来てくれてありがとう』『喜んでくれて嬉しい』と可愛く喜ぶ彼女は今までにないタイプだったようです。

『あなたは本当は甘えん坊だし、女の子を引っ張るタイプじゃないと思うよ。私とだったら相性いいと思う」と畳み掛けられ、『確かに俺ってそうだな』と付き合ってみたら、すっごく幸せなんだって」(30歳・女性)

イケメンが振られたショックで、手近な女子とくっついたパターンは少なくありません。

「勢いで決めて大丈夫?」と思いがちですが、チャンスを虎視眈々と狙って最高のタイミングでアプローチできる女は機転が利く賢い女。

「実は甘えん坊、でも私とは相性がいい」など、彼が言われ慣れていないことをはっきり言うのも効くのでしょう。

男性も、自分にリードを丸投げされるよりも気がラクと言う面もあります。

男性が精神的に余裕を持てて、仕事がうまく行くケースなどもあるようで、結果オーライなことが多いんです。ただし、気が利く・リードできる自分に酔いすぎず、あくまで彼を立てる姿勢も大切なのだそう。

贅沢か!と言いたくなりますが、モテ男を落とすにはこんなギャップも必要なのかも。

激務でも支える!クレバーな「信用できる女」

「医師というだけでモテるけど、学生時代はバンドもしていて人生のほとんどがモテ期だった先輩は、新垣結衣が大好き。どこで探してくるのか、ガッキー風の清楚な美人とばかり付き合っていたのに、結婚したのは学生時代の塾講師のバイト仲間。

ぽっちゃりしていて一見地味目に見えるその女性は、字がきれいで倹約家、謙虚な性格で彼の親だけでなくお姉さんからも『あんないい子がお嫁に来てくれるなんて』と絶大な信頼を得ている様子。結婚後すぐ子どもに恵まれて先輩も幸せそう。

『正直、恋愛と結婚は別。医師は激務だしミスが許されないから、支えてくれる女じゃないと嫁にはできない。可愛い子は沢山いるけど、冷静な話し合いができて信用できる女は少ないから、見つけたら結婚するしかない』って言ってましたよ」(29歳・男性)

恋愛は可愛くて気の合う女とすればいいけど、結婚するなら家庭も家計も子どもも、なんなら俺のこともしっかり守ってくれる女がいい……。

本人もはっきり意識しないままにこんな願望を持っている男は意外に多いもの。

打算のように聞こえますが、結婚相手のことは恋愛の延長戦ではなく「人生という一大プロジェクトのパートナー」と考える男性は少なくありません。

華やかなイメージの職種の男性は、外に出れば敵も多いから、家庭を守ってくれる堅実な女を選ぶのでしょう。

彼の家族ともうまく付き合う「人間スキルの高さ」も高ポイントです。

「信用される女」は愛される

タイプと違う女と結婚した男性が、決め手としているものは「信用できる」というポイントのよう。

自分を分かってくれる、堅実さで安心させてくれる……こんな一面が、高嶺の花に選ばれるポイントのようです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)