男性の好む「本命候補の女子」というと、可愛くて賢く優しく清楚なコ、というイメージがありますね。

でも、それらを兼ね備えていてもなぜか本命になれないこともあります。そんな時、やみくもに自分磨きを重ねても効果は出ません。

なぜなら、忙しい男性が気にしているのはそこだけじゃないから。社会人男性が実はかなり気にする本命ポイントがあるんです。

その本命ポイントとは「時間の感覚」

普段のんびりペースの女子も、好きな男性の行動は気になるはず。

送ったLINEの返事や、彼がデートに誘ってくれないこと、好きだと言ってくれないこと……。気になって、時には催促したことがある女子もいるのでは?

でも、忙しい社会人男性は、「朝LINE来てるのは見たけど、気づいたら夜。ちょっと油断したら一週間たつ」など、時間の流れが女子とは違うことも多く「なんでそんなに急かすの?」とビックリすることも。

女子の目にはスローペースに感じても、彼は彼の時間で生きています。

その流れを妨げてしまうと「合わないコ」フォルダに入れられ、いつの間にか距離を置かれてしまいます。

逆に、「自分のペースと合う」と感じると、男性は「このコとならうまくやっていけそう」と感じ、真剣に付き合うことに前向きになるんです。

なんで時間の感覚が合わないとダメなの?

男性は、返信を急かしたり、彼のペースを無視してアポを入れたがる女子に対しては「身勝手だな」と反感を持ちます。

そんなコとは会っても癒されないし、ただでさえ忙しいのにストレスを与えてくる恋人など、あえて作ろうとは思わないので、本命候補としてカウントしなくなります。

また、彼なりに好意をアピールしているのに「告白してくれないから遊びなんでしょ?」「ほかの女と遊んでるんでしょ?」と彼の気持ちを全否定するようなことを言う女のことも苦手です。

「自分の思い通りにならないからって、なんでこっちが怒られるんだ」と、イライラするからです。

彼には彼の時間軸があるのに、自分のペースで物事を考え、それを押し付けたり答えを早く欲しがる。

スローペースな人にとっては「いきなりなんだ?」です。だから今、答えるとしたら「ノー」しかない。

これが三か月後、半年後、彼に時間のある時期ならイエスかもしれないのに。

「返事が遅いのは脈ナシ」「好きなら告白せずにはいられないはず」など、一般論は一回忘れて、彼のことを観察してみましょう。

「気が合いそう」を演出する方法がある

忙しい男性にとっては「時間の感覚が合う」=「気が合いそう」となる確率が高いです。

急かされも待たされもしないやり取りは、ストレスフリーだから。

まずできることは「LINEの返信ペースを合わせる」こと。3時間後に返信が来るなら、自分も3時間後に。

彼から連絡するまで放っておくのも有効。「男性が一方的に押してきていて、自分は『気が向けば相手をするのもいいかな』と思っている」状態の時って、男性の熱意と押しがどんどん強くなりませんか?

それは、彼のペースの押しにあなたが程よく乗ってあげているから。

彼は彼の押したいペースで押して、それに対して反応があるというのが一番楽しいのです。先ほども言いましたが、「一般的な脈ありサイン」より彼の時間軸を見極めるのが大事です。

社会人を落とすならタイミングを読もう

恋心が熟すペースは人それぞれ。

彼の気持ちが高まったタイミングで、上手に行動できれば恋が実る確率はぐっと上がります。

仕事や趣味で頭がいっぱいになりがちな社会人男性が相手なら、タイミングを見極めることは大きな意味を持ちますよ。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)