2018.7.20

彼が友達に紹介してくれるのって、彼女としてはすごく嬉しいこと。それだけ彼が本気で付き合ってくれているということですし、心を許してくれているという証明になるからです。

だからこそ、紹介される場面では、彼にも彼の友達にも気持ちよくなってもらうことが大切なんです。

彼に自慢の彼女だと言ってもらえるためにはどんな行動をすれば良いのでしょうか? 実際に友達の彼女と出会って「羨ましいなぁ」と思った体験を男性たちに聞いてみました。

■友達全員と満遍なく話し、話していない人には話題を振る

「とにかくすっごく気を使ってくれているがわかりましたね。男ばかりの中に一人でいるのって結構大変だと思うんですけど、俺たち全員と満遍なく話をできるように計算している感じでした。

あと、あんまり話さない友達にも話題を振ってて、すげーなって本当に感心しました」(IT/26歳)

彼に友達を紹介してもらえるのなら、その場全員としっかりと話をするのが基本的な姿勢でしょう。そして場を盛り上げつつ、楽しんでいなさそうな人にも声をかけられるくらい空気を読むことも重要になってきます。

■彼の悪口は言わないで、少しだけ褒める

「よく友達に彼女を紹介されるとなんか彼氏とのラブラブをひけらかされて嫌な気分になるんですよね。だからたまにそれが控えめで、だからと言って悪口を言うタイプじゃないと羨ましいなぁって思います。

自分がそんな彼女と付き合ってたら自信をもって友達と会わせたいですもん」(教育/28歳)

彼氏のことが大好きだからと言って、それを人前で自慢するような姿は見せない方が無難でしょう。友達の中には、彼の悪いところを挙げて「こいつってダメなやつでしょ~」みたいに振ってくる人がいますが、それに乗ってもいけません。

悪口は言わず、褒めるところは少しにするというバランスが大切です。

■下ネタを振っても笑顔でサラッと流すテクニックを持っている

「友達に彼女を紹介されたらとりあえず下ネタを振ってみるんです。それで恥ずかしそうにするのも良いんですけど、笑顔でサラッと返したり流したりするスキルを持っていると、

男としては付き合いやすいし、女としての魅力もあるなぁって思います。自分が付き合うならそういう子が良いですね」(金融/30歳)

下ネタは男性たちの中では日常的な会話です。下ネタの一つも流せないようでは、ダメという意識もあるのかもしれません。

もちろん人によって下ネタが苦手ということもあるでしょうが、そんな時には可愛く彼氏にヘルプを求めると良いですよ。

■おわりに

彼がせっかく友達を紹介してくれたのなら、会った友達がみんな自分の味方になってくれるくらいにファンにしてしまいたいですよね。

そうすれば、彼となにか問題が起きたときにも助けてくれるかもしれません。

そのためにも「初対面は勝負の時!」と心得て、酔っぱらってぐでんぐでんになってしまわないようご注意を。(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)